35mm判換算で広角25mmから望遠600mmをカバーする光学24倍ズームを搭載したフルハイビジョンムービーデジカメ。撮像素子には新開発の1410万画素MOSセンサーを搭載しており、最高11コマ/秒の高速連写、220fpsのハイスピード撮影を実現している。

 実際に使用してみて、同社の「LUMIX-GF1」や「LUMIX G2」などと非常に似た操作感だと思った。ホールド感にも優れている上、よく使用するモードや機能がモードダイヤルや十字ボタンに割り当てられている。レンズの側面にフォーカス切替スイッチがあったり、動画ボタンがシャッターボタンの隣に配置されていたりするのも便利だ。メニュー構成を含め、同社のデジタル一眼シリーズとほぼ同じ操作性と考えていいだろう。3.0型約46万ドットの液晶モニターは可動式で、左右180度、上下270度に自由に動かすことができるため、無理な姿勢で撮影する必要がない。

 望遠撮影に欠かせないファインダーは、液晶モニターと比べるとやや粗い印象だが、ピントの位置は確認しやすい。AFも速く、ピント合わせにストレスを感じることはなかった。また、レンズの伸縮も速く、スイッチを入れてから1秒ほどで撮影可能になる。

 画質は、高倍率モデルのコンパクトデジカメにしては、非常にシャープな印象。ディテールもしっかり表現できている。色も、フィルムモードスタンダードで撮影した場合、実際の被写体とほぼ同じ色が再現されている。ノイズに関しては、ISO400くらいまでは全く問題ないが、ISO800以上になると暗部にノイズが目立ち始める。被写体に合わせて最適なISO感度を選びたい。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、LUMIX DMC-FZ100の実力をじっくり見定めてほしい。

パナソニック
LUMIX DMC-FZ100
実売価格:5万8000円前後
発売日:2010年8月20日
有効画素数 約1410万画素
光学ズーム 24倍
記録メディア SDカード(SDHC、SDXC対応)
液晶 3.0型広視野角TFTカラー液晶(約46万ドット)
最高ISO感度 6400
●撮像素子:1/2.33型MOS●最大記録画素数:4320×3240●レンズ焦点距離(35mm判換算):25~600mm●開放絞り値:F2.8~F5.2●最短撮影距離:約1cm●連写:最大16コマ/秒●動画:1280×720(30fps)●内蔵メモリー:約40MB●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅約12.43×高さ約8.12×奥行き9.52cm●重さ:496g(本体のみ)

●撮影モード:標準●絞り:F4.0●シャッター速度:1/400秒●ISO感度:200●焦点距離:7.9mm(35mm判換算:約44.0mm)(画像クリックで拡大)

●撮影モード:標準●絞り:F4.0●シャッター速度:1/800秒●ISO感度:100●焦点距離:18.9mm(35mm判換算:約105.0mm)(画像クリックで拡大)