無人島に漂着した、23人の男と、ひとりの女。ここは、地獄か楽園か──。そんな宣伝コピーを目にしただけでも「どんな内容なんだろう?」となんだかワクワクしてくる作品が『東京島』だ。

脚本は映画『重力ピエロ』の相沢友子、監督は映画『おかえり』などの篠崎誠

 原作は、直木賞作家の桐野夏生の同名ベストセラー。若さに満ちあふれた男どもと、40代の女が1人、無人島に流れ着くという逆ハーレム状態の設定が話題を呼んだ小説だ。映画化に当たっては、この脚本を『やまとなでしこ』『鹿男あをによし』などのテレビ番組や『重力ピエロ』といった映画の脚本家として知られる相沢友子が手がけ、『おかえり』などで知られる篠崎誠監督がメガホンを取った。では、どんな作品に仕上がっているのか、まずはストーリーから見てみよう。