原宿で最先端ファッションを定点観測するFashionsnap.comが、街角でしかわからない最新トレンドを毎週リポート。

クールテイストが満載のスタイル。タンクトップ以外はブラックでまとめたスタイリングは“東京モード”のお手本カラーリングだ(拡大すると、各アイテムの詳細データも見られます)

 春から冬まで季節を問わず履かれる定番アイテムになったタイツ。キャッチーなディテールを取り入れたトレンドアイコンとしての側面も強く、最先端アイテムとしてストリートで認知されている。そのタイツのトレンドは「色」「柄」と来て、現在はその最終系ともいえる“加工モノ”が人気だ。特にクラッシュ加工モノの支持が高い。

 クラッシュ加工といえばジーンズのようなユーズド感があり、自然にクラッシュしたようなモノを思い浮かべるだろう。しかしタイツの加工モノは、自然というより「人為的」テイストを強く感じさせるデザイン。等間隔に穴が空いていたり、切り込みが柄のように入っていたりと、「わざと空けた」と思わせるモノがほとんどだ。

 これにはもちろん理由があり、柄のように加工されているのは清潔感のあるイメージを持たせるため。ランダムに空いていると、ストッキングの伝線のように「破れている」と思われてしまう。また、タイツ愛用者はガーリー系やモード系が多勢を占めるため、ユーズド感の強いランダムな穴との相性が良くないということもある。

 クラッシュタイツの着用者はガーリー系が少なく、ほとんどがモード系。というのも、ガーリー系は穴の開いた部分からの露出を気にしてしまうため。モード系は脚部分もダークトーンにしてシルエットを引き締めつつ適度な季節感も出したいという人が多く、空いた穴から見え隠れする肌の露出をうまく利用している。