そこのあなた、マイルを最近おろそかにしていませんか? 得するポイントのなかでも、最も得ができる王様は航空マイレージでしょう。最大の理由は、マイルで無料海外旅行ができることです。

 例えば6万マイルをためれば、普通に買うと20万円前後はする日本からニューヨーク、ロンドン間の往復航空券が、タダで獲得できます。200万円を超えるファーストクラスも、14万マイルあれば無料で手に入ります。1ポイントが1円分の値引きにしかならないほかのポイントよりも、マイルのほうが価値が大幅に高いのです。

 航空券引き換え時よりも価値は落ちますが、マイルは電子マネーや家電量販店のポイントなど、日常生活に役立つ多くのポイントにも換えられます。使い道は多いため、この意味でも損はしません。

上の図表はJALのマイル交換をもとに作成。必要マイル数が6万マイルを下回る航空券も表記している。必要マイル数は標準的なもので、割引や交換時の制限などは考慮していない

 ただし、マイルはためているがそのため方・使い方に悩む人や、マイル獲得の熱意が薄れている人も多いことでしょう。実は記者も、その1人だったりします。

 そこで『最強のマイレージ』『マイレージの超達人』などマイルやポイントの獲得ノウハウを網羅した数々の著書を出している“マイル名人”、メディア産業研究所代表の櫻井雅英氏の連載を始めます。ここでは櫻井氏にマイルをためて使う際の得ワザをわかりやすく解説してもらいます。また刻々と変化するマイル最新情報も加えてお届けします。

 連載を始めるにあたり、櫻井氏にマイルをためる面白さや獲得のための計画、ため方の哲学などの「マイル人生論」について語ってもらいました。

櫻井氏が語る、マイル人生を豊かにするための5か条
 1. マイルは自分ではなく「家族に還元する」のが筋!
 2. 年収500万円ならば「1年で6万マイル獲得」が目標にせよ
 3. 国際線の特典航空券は「1年前の申し込み」が鉄則だ
 4. レストランを予約する前に「マイルは付きますか」と確認すべし
 5. マイル獲得は「知的ゲーム」としてマメに行え