利用者が急増しているオンラインサービス「Evernote」(エバーノート)。インターネットに詳しい人なら、名前くらいは聞いたことがあるだろう。まずは、エバーノートを知らない人のために簡単な説明をしたい。エバーノートを一言で表すと、“メモに特化したクラウドサービス”である。オンライン上にメモを保存しておくことで、あとから何度も読み返せる。紙のメモのように、どこかにいってしまう心配がない。しかも保存したメモは、WindowsでもMacでも、iPhoneやiPadからでも見られる。必要なのは、インターネットにつながる環境だけだ。

 わざわざオンライン上にメモする必要なんてない……という人もいるだろう。確かに、普段メモを取らない人にとっては、いちいちパソコンやスマートフォンでメモを取ることは手間に思えるかもしれない。だが、思い浮かんだアイデアをメモしたり、今日やることなどのメモ(To-Do)を書いて仕事の優先順位を確認したり……とメモを巧みに利用しているのなら、端末に依存せずに利用できるエバーノートは実に魅力的なサービスなのだ。

 もちろんビジネスマンでなくとも十分利用価値はある。例えば、夕飯の買い物前。チラシを見ながら今日の特売品をメモし、買い物へ行くという人は多いだろう。もし、メモを家に忘れてきたらどうなるか? 特売品を思い出しながら、買い物をするしかない。しかし、エバーノートに買い物メモを送っておけば、持ち歩いているiPhoneやXperiaなどのスマートフォンから買い物メモを呼び出せる。家にメモを忘れる失敗は、エバーノートを使えば一切なくなるのだ。

 筆者も正直、エバーノートを実際に使ってみるまで「面倒くさそう…」と思っていた。だが、3日使って考えが変わった。気になったことはすべてエバーノートへ送り、あとからメモの内容を細かく分類。良いものは残し、不要なものは削除する。それもパソコンに向かってやるのではなく、移動中などにiPhoneで読み返しながら、アイデアをより良いものへと練っていく。場所を選ばないで使える便利さは、一度味わうとクセになる。

 今回は、注目のクラウドサービス、エバーノートの導入方法を紹介したい。iPhone 4での使い方を中心に紹介するが、パソコンからでもできるので気軽に試してもらいたい。

エバーノートの日本語公式サイト。パソコンでの利用は、ユーザー登録(無料)後、クライアントソフトをインストールする(画像クリックで拡大)