「立ち寄る場所」から「目的地」へ――サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)が娯楽施設として進化するなか、テーマ性を強く打ち出した新施設が登場した。6月30日、関越自動車道 寄居PA上り線(埼玉県深谷市)にオープンした「寄居 星の王子さまPA」だ。

 テーマはもちろん、サン=テグジュぺリの『星の王子さま』。作品の世界観である“癒やし”をコンセプトとし、サン=テグジュぺリが育った南仏プロバンス地方の雰囲気を演出した。「今回のようなテーマ型PAは全国でも初めて」(同施設を運営する東日本高速道路の鈴木次雄事業開発部長)という。

 関越道は観光目的の家族連れの利用が多く、寄居PAは長野や軽井沢などの観光地から東京に戻ってくるのに利用されるケースが多い。「2010年はサン=テグジュぺリ生誕110周年ということもあり、ドライブの緊張から解放し、癒やしや安らぎを提供したいという思いと『星の王子さま』の世界観が一致した」(同社)という。

寄居PAは関越道の花園IC~本庄児玉IC間にあり、開業から約30年が経過。2010年6月30日、上り線のPAを「寄居 星の王子さまPA」としてリニューアルオープンした(画像クリックで拡大)