調査方法

 日経トレンディネット上で、無記名のアンケート調査を実施。調査期間は5月26日~6月10日。有効回答553件。うち「Twitterを利用している」と回答した382件を基に利用実態を集計。

 ツイッター(Twitter)を始めたきっかけは? 毎日どくれくらいつぶやいている? 日経トレンディネットでは読者に対してWebを通じて利用実態調査を実施した。利用者の「ツイッター歴」は、半年未満が54.7%、1年未満を加えると全体の8割強に達した。最近のブームを反映してこの1年以内に利用者が急増していることがうかがえる。

 始めたきっかけは、「ツイッターそのものが話題になっていたから」という理由が最も多く全体の約6割。自分から情報発信するためという人は13.4%にとどまり、情報を入手する道具として利用する人は約3割だった。

 一方、ツイッターを使っていない人にその理由を聞いたところ、「使い方はわかったが楽しめなかった」という回答が41.5%ともっとも多く、「実用的なメリットが感じられなかった」が29.3%とそれに次いで多かった。

Q1. ツイッターを始めたきっかけは何でしたか。(複数回答)

Q2. ツイッターを使っていない理由は何ですか。

Q3. ツイッター歴はどれくらいですか。

Q4. ツイッターで本名を公表していますか。