パソコン内のPDFファイルもiPadで閲覧する

 パソコン内に保存しているPDFファイルや、自分で作成したPDFファイルをiPadで見るにはどうするのか。簡単なのはGmail宛に送り、前ページで紹介した方法で閲覧することだが、もう一つ便利な方法がある。それはオンラインストレージサービス「Dropbox」(2GBまで無料)と、定番ファイルビューワー「GoodReader」(115円)を連携して使う方法だ。

 実際にやり方を紹介していこう。まずは、パソコンにDropboxをインストールする(無料利用でも会員登録が必要)。My Document内に「My Dropbox」というフォルダができるので、あとはこのフォルダにiPadで読みたいPDFファイルを入れればよい。自動的にDropboxのサーバーにPDFファイルがアップロードされる。

 次はiPadでの操作。まずApp StoreでGoodReaderを購入し、iPadにインストールする。GoodReaderを起動したら「Connect to Servers」の「Add」をタップして、現れたCreate New Connectionメニューで「Dropbox」を選択。パソコンで登録したDropboxのユーザーIDとパスワードを入力する。これでGoodReaderからDropbox内のファイルにアクセスできるようになる。あとは閲覧したいPDFファイルを選び、iPad上にダウンロードすればよい。ダウンロードしたPDFファイルは、GoodReaderのMy Documentに入る。ファイル名をタップすれば、GoodReader上でファイルを閲覧できる。

パソコンでDropboxの公式サイトを開き、専用アプリケーションをインストール。自動的に作られるMyDropboxフォルダに、iPadで読みたいファイルをコピーする(画像クリックで拡大)

文書ビューワーの大定番アプリが「GoodReader」(115円)。PDFファイルのほか、オフィス文書、画像もこれでほぼ閲覧できる(画像クリックで拡大)

 Dropbox内のPDFファイルをiPadで校正する場合は、もうひと手間かかる。「Manage Files」メニューを開き、構成したいファイルをMy Documentから選択。メニュー内の「Open In…」をクリックし、現れた吹き出しメニューから先ほど紹介したiAnnotate PDFを選ぶ。これでPDFファイルがiAnnotate PDFへと送られて、校正できるようになる。

 iAnnotate PDFとGoodReaderのアプリ代は合計1315円。この金額で快適なペーパーフリー環境を作れるなら、値段相応の価値は十分ある。まだ品薄状態のiPadだが、購入したあかつきには、ぜひiPadのペーパーレス環境の快適さを実感してもらいたい。

GoodReaderからDropboxにアクセスできるよう設定する。「Connect to Servers」の「Add」をタップ。現れたメニューで「Dropbox」を選ぶ(画像クリックで拡大)

GoodReaderのConnect to Serversに登録された「Dropbox」をタップすると、Dropbox内のファイルが表示される。ここから閲覧、校正したいPDFファイルを選ぶと、そのPDFファイルがDropboxからダウンロードされる(画像クリックで拡大)

Manage Filesを開くと、左のファイル一覧に選択用の「○」アイコンが追加される。ここでファイルを選び(アイコンの色が●になる)、Manage Filesの「Open In…」をタップ。現れた吹き出しメニューから「iAnnotate PDF」を選ぶ(画像クリックで拡大)

iAnnotate PDFが起動して、PDFファイルが表示された。これで注釈ツールを使い、PDFファイルに文字や図、ハイライト、メモを書き入れられる(画像クリックで拡大)

著 者

原 如宏(はら ゆきひろ)

パソコンから食べ物まで、ジャンルにこだわらず手がけるライター界のなんでも屋。モバイルノート&iPadをカバンに入れ、365日都内のカフェを巡りながら執筆活動を続けている。主な連載はYomiuri Onlineの「トラブル解決Q&A」など