秋葉原でも存在感を増す中古ケータイ。少しでも高く買い取ってもらうために知っておきたいポイントを、中古ショップの担当者に聞いた(画像クリックで拡大)

 ここ1~2年で中古ケータイ市場が急拡大した。「契約期間や契約解除料を気にせず、欲しいと思った時に新しい端末に乗り換えられる」という購入目的だけでなく、「手持ちの不要な端末を処分したい」という売却目的で利用するユーザーが増えている。中古ショップならその場ですぐに現金化できることもあり、買い取り依頼の件数も日増しに増えているという。

 買い取りの際に気になるのが「キズや汚れがあると、どれぐらい査定が下がるのか」「古い端末でも買い取ってくれるのか」といった点だろう。買い取りに際して覚えておきたい点や、査定額を上げるための意外なテクニックを中古ショップに聞いた。

パソコンやデジカメと比べ、キズは厳しく査定される

 中古ケータイの取り扱いに力を入れるじゃんぱら秋葉原3号店の遠藤 智氏は、「液晶画面とボディーに付いたキズを特に細かくチェックする」と語る。ノートパソコンやデジカメなど他のジャンルの商品と比べ、携帯電話は特にキズを厳しく査定するという。常に手にして使うアイテムゆえに、購入客がキズを細かく気にする傾向が強いためだ。

中古ケータイの販売価格は、本体のキズによって大きく左右される。同一商品でも、キズの有無で販売価格に2割近い差が出ることもある。つまり、買い取り価格もキズの有無で大きく左右されるわけだ(画像クリックで拡大)

 液晶パネルやトップカバーなどの目立ちやすい場所のキズに対しては、最大30%のマイナス査定を付ける。本体底面や側面の細かなキズなど、ふだん気になりにくい場所ならば、それほど厳しくマイナスにはしないとのことだ。

 遠藤氏は「査定額を落とさないためには、購入時に液晶保護フィルムを装着しておくのがお薦め」と語った。どんなにボディーの状態がよくても、液晶画面にキズがあれば大幅な査定ダウンにつながってしまうためだ。

 取材時に買い取り査定中だったNTTドコモの「L-01A」を例に解説してくれた。買い取りの基準金額は1万4000円(4月2日時点)だが、これは新品の状態を基準とした上限価格であり、商品の状態によって減額される。査定中の商品は、液晶画面に細かな線状のキズが生じていたため、10%マイナスになるという。本体の右上には何かをぶつけたような小さなキズもあり、こちらも10%マイナスと判断された。合わせて20%のマイナスとなり、買い取り金額は1万1200円となった。

買い取り査定をしていたNTTドコモの「L-01A」。ボディーと液晶パネルのキズがマイナス査定となり、上限額と比べて20%下がってしまった。液晶パネルが常に露出しているスライド式モデルやストレートモデルは、折りたたみモデルと比べて厳しい査定になりやすい(画像クリックで拡大)

 キズには厳しいものの、意外にも付属品の欠品によるマイナス査定は少ない。説明書が欠品でも500~1000円前後のマイナスにしかならないという。極端な話、箱や説明書などの付属品が一切なくても、キズによるマイナスと比べれば査定への影響は少ないという。肝心なのは「端末の状態がいかに良好か?」ということに尽きる。

外装を新品に交換してから買い取り査定に臨むテクニックも

 マイナス査定を防ぐ奥の手として「買い取りに出す前に、キャリアが提供する外装交換サービスを利用するのがお薦め」とこっそり教えてくれた。

 NTTドコモの場合、3990円でフロントカバーとリアカバー(バッテリーカバーのみオプションで、別途420円が必要)を新品に交換できる。ケータイ自体は問題なく動作するものの、落下などで本体がボロボロになっている場合は、事前にこのサービスを利用しておくのがよい。NTTドコモの場合、代金の支払いにドコモポイントが利用できるので、直接の出費なしで済むのがメリットだ。

 だが、もともと買い取り上限金額が低い端末では、このテクニックを利用するメリットは薄い。買い取り上限金額が4000~5000円程度の機種ならば、もし20%の減額査定になったとしても、マイナスになるのは1000円以下で済む。ある程度の買い取り金額が期待できる人気機種限定のワザといえよう。