タッチパネル式のタテヨコオート液晶を搭載した、スタイリッシュなコンパクトデジカメ。ボディーカラーには、レッド、シルバー、ピンク、ブラックの4種類が用意されている。

 撮像素子は、有効1200万ドットの1/2型スーパーCCD ハニカムEXR。レンズは、35mm判換算で35mm~175mm相当をカバーする、光学5倍のフジノンレンズだ。開放F値はF3.9(W)~F4.7(T)となっており、マクロモードでは最短9cm(W)の撮影が可能になっている。3.5型ワイド液晶は、カメラのタテヨコを変えると、向きに合わせて表示が自動で切り替わる。タッチパネル式なので、初心者でも直感的な操作が可能だ。

 撮影はオートメーン。「EXR AUTO」を使えば、人物、夜景、風景、マクロ、夜景&人物、逆光&人物の6シーンを自動で認識してくれる。また、明るさから「高解像度優先モード」「ダイナミックレンジ優先モード」「高感度・低ノイズ優先モード」を自動設定する機能もある。ペットの顔を認識する「ペット自動検出」も搭載しており、実際に猫で使用してみたが、検出率は高かった。また、液晶画面を上下2つに分けて画像を表示・操作できる「2画面サクサク再生」では、2つの画像を見比べたり、サムネイルと画像を同時に表示したりできるので、画像の検索が非常に便利だ。

 画質は、このクラスのカメラにしてはコントラストも高く、階調も豊かな印象。色もかなり鮮やかだ。ノイズに関しては、ISO800までは十分実用の範囲。ISO1600以上は、被写体や撮影シーンによって使い分けよう。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、FinePix Z700EXRの実力をじっくり見定めてほしい。

富士フイルム
FinePix Z700EXR
実売価格:2万6000円前後
発売日:2010年2月20日
有効画素数 1200万画素
光学ズーム 5倍
記録メディア SDカード(SDHC対応)
液晶 3.5型ワイドTFTカラー液晶(約46万ドット)
最高ISO感度 3200
●撮像素子:1/2型スーパーCCDハニカムEXR(原色フィルター採用)●最大記録画素数:4000×3000●レンズ焦点距離(35mm判換算):35~175mm●開放絞り値:F3.9(W)~F4.7(T)●最短撮影距離:約9cm●連写:1.6コマ/秒(連続5コマまで)●動画:1280×720(24fps)●内蔵メモリー:約30MB●バッテリー:専用充電池(NP-45A)●サイズ:幅9.81×奥行き2.03×高さ5.90cm●重さ:141g(本体のみ)