ため息が出るほど美しいビーズ刺しゅうのウェディングドレス……

 こちらは、おかあさまのカクテルドレスをリフォームして、お色直しでお召しになるそうです。

おかあさまがお召しになったカクテルドレス。ボレロも付いています。このドレスを30代の娘さん用に作り替えます(画像提供:プチレダ)(画像クリックで拡大)

 制作途中のところを恐縮ですがポイントを拝見します。

もとのドレスはここ(前中心)が全部縫われていて、もっとタイトでした(画像クリックで拡大)

 もともとは細いシルエットだったが、娘さん(30代)から「ふわっとしたドレスに変えたい」との希望があり、そこでバレエ衣装のスカートに使うような張りのある素材(ハードチュール)を内側に入れ、ボリュームを出した。

ボリュームを出すために、前中心を割ってバレエ衣装のスカートに使うようなピンと張った「ハードチュール」を中に入れました(画像クリックで拡大)

そして裾を開いたスカートの内側に、よく合う色のサテン地を新しく1枚入れています(画像クリックで拡大)

 さらに娘さんから「トレーンを引きたい!」との希望があり、新しい布で長いすそをつけた。

「みなさん、トレーンを引きたいんですよね」(和田デザイナー)(画像クリックで拡大)

おかあさまのショールもゴージャスなうしろ飾りに転用(画像クリックで拡大)

ショールのビーズ飾りのそばに装飾ヒダをあしらい、キラキラを効果的に見せる(画像クリックで拡大)

同行の担当編集Aが「ビーズってどれですか?」と尋ね、「男性はなかなかね……」と指さしていただく。「これがビーズです」(画像クリックで拡大)

「これがスパンコールです」(画像クリックで拡大)

 手づけのビーズ飾りを間近で拝見します。手の込んだビーズ刺しゅうはドレスを輝かせる(花嫁を輝かせる)宝石のような効果があります。

手づけのビーズ飾り(画像クリックで拡大)

 さて本題に戻ろう。ウェディングドレスの“母娘リフォーム”は不況のせいでケチっているのか?