パケット定額に入っていないのにケータイ動画に夢中になり、パケット料金が数万円になってしまった…。このような痛い経験をした人はいないだろうか? 実は、このようなケースで役立つ救済法が存在する。「あとからパケット定額を適用する方法」だ。いざという時のため、友人や家族が困ったときのために覚えておきたい。

各キャリアとも「パケ死」の救済策を用意している!

 前回の「プラン変更で料金を抑える! ドコモユーザー必見の節約術とは?」では、基本料金プランの途中変更法をまとめた。今回は、NTTドコモ・au・ソフトバンクの主要ケータイ3キャリアで使えるパケット定額プラン変更のテクニックを紹介しよう。

 3社とも、上限4410円(ケータイだけの利用時、パソコン接続時は除く)で使い放題となるパケット定額プランを導入している。すでに定額プランに入っているのならパケット通信を節約する必要はないが、実際のところパケット定額プランの加入者はそれほど多くない。NTTドコモの場合、加入者はiモード加入者の半分程度(2009年第3四半期で約47%)しかいないのだ。

 半数以上のユーザーは定額プランに入っておらず、ちょっとした利用ミスで「パケ死」(予期せず高額なパケット料金請求が来てしまうこと)の可能性がある。通話用のサブケータイなのにうっかり動画を見てしまったり、子どもがゲームや動画を大量に利用して数万円の請求が来る、というケースもあり得る。

 そんな時のために覚えておきたいのが、後からパケット定額プランを適用するワザだ。実は、各キャリアとも社会問題化した「パケ死」の救済策を用意しており、一定の条件に当てはまれば「あとから」「前月にさかのぼって」定額プランを適用できるのだ。

 各社のパケット定額プランの適用タイミングを下の表にまとめた。

NTTドコモ「パケ・ホーダイ ダブル」
・申し込み当日からの適用か、翌月1日からの適用
・契約回線につき1回に限り、前月にさかのぼって適用できる
(翌々月に差額を返金。電話かドコモショップでの申し込みが必要)

NTTドコモ「パケ・ホーダイ シンプル」(メール使いホーダイ)
・申し込み当日からの適用か、翌月1日からの適用

au「ダブル定額 シリーズ」
・翌月1日からの適用
・ただし、パケット定額プラン未加入の人に限り、当月1日にさかのぼって適用できる

au「タイプEシンプル」(ガンガンメール)
・翌月1日からの適用

ソフトバンク「パケットし放題」
・翌月1日からの適用
・ただし、同時に「選べるかんたん動画」「かんたんミュージック」「かんたんミュージックGOLD」のいずれかに加入すると、当月1日にさかのぼって適用できる場合がある(パケット定額プランに未加入の人など)

 あとからさかのぼって適用できるのは、NTTドコモの「パケ・ホーダイ ダブル」、auの「ダブル定額シリーズ」、ソフトバンクの「パケットし放題」の3つ。これらの割引サービスでは、誤って使いすぎてパケット代が高額になった場合、あとからパケット定額を適用できるのだ。

 ただし、すべての人が適用できるわけではない。一定の条件に適合したり、一定の申し込み方法を利用する必要があるので、そのあたりをしっかり理解しておく必要がある。