この正月早々、大寒波に見舞われた米国。温暖なはずのフロリダではディズニーランドの所在地オーランドで気温がたったの4度しかなく、ミッキーマウスが凍えてしまい、ノースダコタ州などの北部ではマイナス30度にまで下がったとか。それって、

 今の南極の方が暖かいじゃんかっ(むこうは今夏なので、大体マイナス7度程度ぐらい)。

 で、こんな寒い米国でこの冬バカ売れした商品があります。その名は「Snuggie(スナギー)」。"snug"(居心地のよい、暖かくて気持ちのよい)という形容詞から命名されたアイテムなのですが、その正体はフリースのブランケット(毛布)に袖が付いた(だけの)モノ。そう、アレです、美容院で身に付けるようなケープのフリース・バージョン。

(画像クリックで拡大)

 で、なんでこんなアイテムが大ウケしたのかといいますと、CMがバカバカしすぎるのです(笑)。