ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回は10月22日に発売となったWindows 7パソコンについて触れる。ネットブックに付属する「Windows 7 Starter」は、機能制限がかかったOS。価格が安いのはいいのだが、果たして搭載モデルを買うのは賢い選択なのだろうか? 戸田氏が出した結論とは?

 Windows 7登場で、一番大きく変化するのはネットブックだ。これまでは、ほとんどのネットブックがWindows XPを採用していたわけで、Windows Vistaを飛ばして一気にWindows 7になるのだ。しかも、ネットブックだけがパッケージで市販しない特別なOS「Windows 7 Starter」を採用するのだ。果たしてこれは買っても良いのだろうか?

 買ってしまってから後悔しても遅いので、今回は、Windows 7搭載のネットブックについて、買うべきか否かを深く掘り下げていこう。

 さて、Windows 7 Starterには、色々な機能制限がある。スポーツカーのエンジンで言うところのデチューンのようなもので、「本来はできることをできなくしている」のだ。当初は同時に利用できるアプリケーションが3つまでという制限が設けられると言われたが、そこは解消されている。

 Windows 7 Starterの制限で一番大きいのがAeroが利用できないことだ。Aeroというと、半透明のウインドウを思い浮かべる方が多いが、見た目だけの問題ではないのだ。

・Aero プレビュー
 全ウインドウを透明にしてデスクトップを表示する機能が利用できず、ウインドウを最小化することになる。

Aero プレビューはウインドウが透明になって枠だけが表示される(画像クリックで拡大)

・Aero シェイク
 ウインドウのタイトルバーをドラッグして左右に振ると、他のウインドウが最小化する。この機能は利用できず、左右に振っても何も起こらない。

・ライブタスクバープレビュー
 同じアプリ等で複数のウインドウを開いているときに、タスクバーのアイコンにマウスポインターを合わせると、わかりやすいサムネイルが表示される。画面が狭いネットブックにこそ役立つ機能だが、これも使えず、単に各ウインドウのタイトルが表示されるだけだ。

便利なライブタスクバープレビュー(画像クリックで拡大)

Windows 7 Starterではタイトルが表示されるだけで、内容が把握しづらい(画像クリックで拡大)