「大まかでいいから、全体の受給額が知りたい」という人は…?

 このように、50歳以上の人の定期便で示される老齢厚生年金の見込額には、基金から支給される分は含まれない。年金原資を管理している機関も違うし、給付設計もそれぞれの基金ごとに異なるからだ。

 しかし、大まかでいいから、全体でどれくらい受給できるか知りたいのが心情だ。

 そういう人は、社会保険庁のホームページに載っている「自分で出来る年金額簡易試算」を利用するとよいだろう。ここでは、基金に加入していなかった人と同じ条件で算出できる。

自分で出来る年金額簡易試算
http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/top.htm

「ねんきん定期便」に関する問い合わせは
「ねんきん定期便専用ダイヤル」
0570・058・555
(IP電話、PHSからは03・6700・1144)
または、最寄りの社会保険事務所、年金相談センターへ。

社会保険庁HP http://www.sia.go.jp/

※社会保険庁は、2010年1月から「日本年金機構」に変わる。
 これに伴い、社会保険事務所は「年金事務所」となる。

(文/社会保険労務士 服部明美)