皆さん、こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの山田英次です。

 100年に一度と称される金融危機、そしてそれに伴う地球規模での株価の暴落によって、世界中の投資家が資産を大きく減らしてしまいました。きっと、このコラムをご覧になられている方の中にも、資産の半分、もしくはそれ以上の損失が出てしまったと嘆いている方がいらっしゃるはずです。

 ところが、中には、このご時世にもかかわらず、ゆとりと安心感をもって激減した資産残高を眺めている人がいます。誰でしょうか?