“文具王”の異名を持ち、文具メーカーでユニークな商品を生み出し続ける高畑正幸氏が、最新文具の奥深~い世界をナビゲートする。

 手帳商戦真っ盛り!来年の手帳はもう決まっただろうか。もちろん手帳も進化していて面白いモノがたくさんあるが、今回は、手帳に不可欠な携帯用筆記具の話。

 手帳に書き込むためには、何らかの筆記具を一緒に携帯することが必要だ。ペンケースに入れても良いし、ジャケットのポケットに差しておいても良いが、いざ書こうという時に限って、すぐに出てこなかったりする。

 そんなとき、いちばん確実なのは手帳と一緒にしておくことだ。手帳にペン差しが付いていたり、ペン差し付きのゴムバンドがあったりなど、いろんなモノが市販されている。そのなかで、今回は“ペン自体が手帳にしがみつく”筆記具を2点、紹介しよう。

 一つはトンボ鉛筆の「ONBOOK/おんぶっく」。この製品の得意技は、そのままネーミングが表している。そう、この筆記具は手帳の背に“おんぶする”形で携帯する筆記具だ。

トンボ鉛筆「ONBOOK/おんぶっく」(10月19日発売)。ボールペンとシャープペンシルがあり、希望小売価格は各367円。軸色はブルーグレー、チェリーピンク、ココアブラウンの各3色(画像クリックで拡大)