先日、ウォール真木が「仕事場」兼「勉強部屋」に使っているカフェにやって来た友人。片手には小説、片手にはなぜか爪楊枝(つまようじ)の入った小箱を抱えています。

 なぜに、爪楊枝(汗)?

 怪訝そうな顔をしてのぞいているワタクシに、友人は一言。

 「眠気覚まし用なんだ」。

 さらに、疑問符が頭の上を通り過ぎていきます(笑)。爪楊枝を眠気覚ましにって、アナタ……。でも、彼がくれた1本を口に入れて理解できました。わあっ、辛いっ!!

 辛いといっても、唐辛子のような辛さではなく、ユーカリのような精油系。楊枝のパッケージには「Tea Tree Oil」という名前が書かれています。調べてみたらアロマテラピーの材料にもなるオイルなんだそうで、殺菌、口臭の予防、リラックス効果なんかがあるそうです。

なるほど、禁煙のときの口寂しいときに……といった使用法もあり