ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回は東芝のdynabook TXシリーズがウリにしているセレクタブルOSの話題。Windows 7を機に64ビットと考えているユーザーも少なくないだろう。でも64ビットと32ビットのOSを選べるメリットって一体何? 戸田氏はどう考える?

 東芝のdynabook TXシリーズは、セレクタブルOSをウリにしている。1台のパソコンで、32ビットと64ビットを選択できるのだ。Windows 7が登場することもあって、そろそろ64ビット化をもくろんでいる方も多いだろう。

 業界的にも、ソニーは64ビットに力を入れており、ほぼ全モデルが移行済みだ。逆に、NECと富士通はほとんど手を付けていない。東芝は、ちょうど中間といった印象だ。もちろん、ユーザーとしては、両方が使えるのはうれしい限り。セレクタブルOSを実際に手に入れると、どう使い分けられるのか、今回は興味本位でチェックしてみよう。

 今回テストしたのは、dynabook TX/66J2だ。この「J2」が付く型番のモデルが、セレクタブルOSとなっている。借りたのはリュクスホワイトで、スッキリとした印象の白。テカテカの黒モデルも悪くないが、やはり無難なのは白だ。

 CPUはCore 2 Duo P8700でと性能は上々で、メモリーも4GB搭載している。64ビットOSなら、メモリーは4GBフルに生かせるが、32ビットOSでは、およそ3GB程度しか利用できない。本当に4GBのメリットを生かせるのは、やはり64ビットOSなのだ。

今回借りたdynabook TX/66J2は、美しいホワイトボディーが魅力の、ベーシックなA4ノートだ(画像クリックで拡大)