閲覧や入力を好みのアプリで使い分け

 ただ、iPhoneでGoogleカレンダーを使う上で気に入らない点は、カレンダーが地味すぎること。そこで閲覧は以前この連載で紹介したアプリ「さいすけ」をそのまま利用しています。リスト/日/週/月/年と見やすいレイアウトで表示されるので見ていてすごくスッキリします。

 整理すると、それぞれの機能を使えるよう、以下のように入力や閲覧を使い分けています。

・普段はiPhoneの通知を設定できるiPhoneカレンダーで入力
・長文の入力が必要なときはPCを利用
・閲覧はリスト/日/週/月/年と見やすいレイアウトで表示されるアプリ「さいすけ」を利用

 わたしは自在性の高いiPhoneのほうが断然オススメです!

iPhone カレンダー月ごとの表示画面

iPhoneアプリ「さいすけ」での月ごとの表示画面

 なお、Google sync を使ったカレンダーの同期は最大5つまで利用できます。これらの設定方法は、日経トレンディネット「【春のiPhone特集】(3)GmailやOutlookも自由自在! iPhone“ビジネス活用”虎の巻」の6~7ページ目に方法が載っているので参考にしてください。