“文具王”の異名を持ち、文具メーカーでユニークな商品を生み出し続ける高畑正幸氏が、最新文具の奥深~い世界をナビゲートする。

 以前、「テープのり」というジャンルで今後に期待できる商品として、ニチバンの「テープのりDS」(以下DS)を紹介した。その改良版とも言える製品が、なんとコクヨから発売された。それが、「ドットライナースタンプ」だ。

コクヨS&Tのスタンプのり「ドットライナースタンプ」。価格は本体が420円、つめ替え用テープが262円(画像クリックで拡大)

 本体の大きさは31×23×91mm。少し大きめの印鑑ケース、といったところか。テープのりとしては従来にないスリムな形状で、机の上に立てて置いたり引き出しに入れたりしても場所をとらず、収まりが良い。紙片などの接着したいポイントの真上に本体を置いて「カシャン」と押すと、8.4×10mmの範囲に糊が転写される「スタンプ式」のテープのりだ。