2009年5月19日に、NTTドコモの新機種・新サービスが発表された。国内で初めて、OSにAndroidを搭載した“Googleケータイ”こと「HT-03A」が大きな注目を集めたが、真に注目すべきポイントは“iモードブラウザの大幅な進化”といえる。

10年目にしてiモードブラウザが2.0に進化

 Androidに注目が集まった今回のNTTドコモの発表だが、より今後のモバイルの世界に大きく影響を与えるであろう要素は、「iモードブラウザが激変した」ということだ。

 iモードをはじめとする携帯ブラウザは、これまでXHTMLやFlashが使えるようになるなど地道ながら着実に進化を遂げてきた。とはいえ、基本的に10年間、クラシカルなHTMLベースのシンプルなWebサイトが閲覧できるのみであることには変わりはない。それゆえ自由なレイアウトができない、JavaScriptが使えないなど、表現力が著しく向上するPCのWebブラウザ環境とは大きく異なる存在だった。

 だが、今回の夏モデルから、いくつかの機種にiモードの新しいブラウザである「iモードブラウザ2.0」が搭載された。新バージョンでは、従来のiモードブラウザと下位互換を保ちながら、容量を500KBに拡大。さらに左右キー操作の対応、JavaScriptやフレーム、より多くのスタイルシート、そして他キャリアでは既に対応済みのCookieやリファラーにも対応するなど、PCのWebブラウザ環境に大きく近づけてきたのである。

 iモードブラウザの進化はそれだけではない。例えば、Flash関連でいえば、Flash Videoの表示が可能になったほか、従来不可能であったカーソルキーの左右を使った操作に対応し、「Flashのゲームはなぜかテンキーで遊ぶ」という不自然なインターフェースから解放されることとなった。

 こうした進化によって、iモードサイトの表現力は劇的に向上しただけでなく、PCのWebサイトで利用されている技術や手法がそのまま使えるようになったことは大きい。例えば、Googleマップのようにリアルタイム操作が可能なAjaxアプリケーションや、YouTubeのようにブラウザ上で動画を再生できるWebサイトも、携帯サイトで作成できるようになったのである。

iモードブラウザ2.0はJavaScriptに対応するなどPCのWebブラウザに近い環境へと大きく変化。写真の地図は、iアプリではなくAjaxで動いている(画像クリックで拡大)

動画のインライン再生やFlash Videoにも対応。YouTubeのようなWebサイトも実現可能になった(画像クリックで拡大)

WebサイトやFlashのカーソルキー左右による操作も可能に。これによって、Flashを利用したミニゲームなどの操作性は大幅に向上することとなる(画像クリックで拡大)