フルHD(1920×1080画素)動画撮影機能を搭載したモデル。ボディー重量は約480gと軽量だ。撮像素子は、約1510万画素のCMOSを搭載し、画像処理エンジンには「DIGIC 4」を採用している。液晶モニターは、約92万画素の3.0型。セルフセンサークリーニングユニットなど、ダスト対策も万全だ。

 高輝度側・階調優先機能やオートライティングオプティマイザー、レンズ周辺光量補正・自動補正など機能が充実している。被写体に合わせてシーンを選択するだけの「かんたん撮影ゾーン」や、光学式手ブレ補正も初心者にはうれしい。

 今回の撮影に使用したレンズは、レンズキットに入っている「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」。35mm判換算で29~88mm相当をカバーする一方、ズーム全域で25cmまで寄ることができる。画質は、キットレンズにしては見た目より少し鮮やかで、シャープな印象。コントラストは標準的だがヌケが良い。ノイズは低感度では全く気にならない。ISO800くらいまでは常用の範囲だろう。ISO800以上になるとノイズが徐々に目立ち始める。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、EOS Kiss X3の実力をじっくり見定めてほしい。

キヤノン
EOS Kiss X3
実売価格:9万円前後(ボディー)
10万円前後(レンズキット)
発売日:2009年4月24日
有効画素数 約1510万画素
記録メディア SDカード(SDHC対応)
液晶 3.0型TFTカラー液晶(約92万ドット)
最高ISO感度 1万2800
●CCDサイズ:22.3×14.9mm●最大記録画素数:4752×3168●HD動画:1920×1080、20fps●バッテリー:専用充電池(LP-E5)●サイズ:幅12.88×奥行き6.19×高さ9.75cm●重さ:480g(本体のみ)

●撮影モード:絞り優先●絞り:F5.6●シャッター速度:1/1250秒●ISO感度:100●焦点距離:55.0mm(35mm判換算:約88.0mm)(画像クリックで拡大)