ラグジュアリーホテル乱立&未曾有の不景気の中でオープン

 1990年代前半に第一次外資系ホテルブームが起こった時、“御三家”と呼ばれていたのが、「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」「パークハイアット東京」「ウェスティンホテル東京」だった。そして2005年~2007年に立て続けにオープンした「コンラッド東京」、「マンダリンオリエンタル 東京」、「ザ・リッツ・カールトン東京」「ザ・ペニンシュラ東京」が“新御三家”の座を激しく争っているなか、3月2日にいよいよ「シャングリ・ラ ホテル東京」がオープンする。これで東京に、世界のラグジュアリーホテルがほぼ出揃うことになる。

 「シャングリ・ラ ホテル東京」オープン直前の2月26日に開かれた会見では、記者から「ラグジュアリーホテルのオープンとしては最悪のタイミングだが、不景気への対策は?」との辛口な質問も飛んだ。それに対し総支配人のウルフガング・クルーガーは「ビジネス戦略のためにわれわれのホスピタリティが影響を受けることは決してない」と余裕を見せる一方、「われわれは、ラグジュアリーへの意識がきわめて高い東京でオープンしようとしている」と表情を引き締め、不景気よりむしろホテル間の熾烈な競争こそが懸念であることをうかがわせた。「シャングリラ」という名は、英国の作家、ジェームス・ヒルトンの小説に登場する、チベットの山奥の幻想的な理想郷に由来する。「シャングリ・ラ ホテル東京」がその名にふさわしい都会の楽園となるか、まずは駆け足でクルーズし、最後にその魅力をクローズアップしてみよう。

「シャングリ・ラ ホテル 東京」総支配人・ウルフガング・クルーガーを囲むスタッフ(2月26日の記者会見会場にて)(画像クリックで拡大)