ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田 覚氏による連載。今回はソニーが多くの春モデルに搭載した64ビットOSを検証してみた。将来主流になるといわれる64ビット版。今かったらどんなメリットがあるのか。実機を試した戸田氏の結論は?

 春モデルが続々発表され、各種のレビューを執筆するために、各社のラインアップを必死に俯瞰している。つまり、ライバルになるモデルやメーカー間のコンセプトを比べているわけだ。そこで気がついたのが、VAIOシリーズだけが一気に64ビットOSを採用してきたことだ。エントリーモデルはさておき、type R、type L、type A、type F、type Z、type Tに64ビットOSを採用している。つまり、32ビットOSの方が数が少ないほどの勢い。Windows 7では、64ビット版が主流になるとも言われているが、この段階での採用は気が早いのではないだろかとも思う。

 そこで、ほぼ同じマシンで32ビット版と64ビット版を借りて、体感上のレスポンスにどの程度の差があるのかチェックしてみることにした。借りたのは、VAIO type Tで、最新モデルと昨シーズンの機種だ。基本的なスペック上の違いはなく、OSが64ビット版になっているのが最大の違いだ。

 32ビット版Windows Vistaを使っているユーザーが64ビット版に乗り換えたところで、何一つ困ることはないだろう。逆に、どこが違うのか気付かないはずだ。当たり前だが、64ビット版を使うために覚えるべき作法もまったくない。確認するとすれば、互換性だけだ。今回借用したVAIO tyep Tでも出荷状態でインストールされているソフトには、特に違いが見られなかった。だが、自社でオーダーした業務用のアプリケーションなどをメーンで利用している人は、64ビット版への対応を確認しておいた方が良いだろう。気に入ったオンラインソフトがある人も、非対応で使えない可能性がなくはない。さらに問題なのは周辺機器だが、特に古い製品を利用中の方は注意していただきたい。ちなみに、個人的に愛用しているソフトは問題なく使えた。

 今回の試用で気づいたのは、IEに32ビット版と64ビット版が両方インストールされていること。64ビット版を使っていて、対応が問題になったら32ビット版を使えと言うことだろう。親切のようでもあり、ちょっぴり自信なさげでもある。

まったく同じに見える新旧2モデルを借用し、同じ作業を同時に実施して試してみた(画像クリックで拡大)

IEに32ビット版と64ビット版が並んでいるのは、ちょっと自信がなさそう。使い分けると、お気に入りなどを統一するのも面倒だ(画像クリックで拡大)