スリムボディーと低価格で話題の、ソニー「VAIO type P」。アキバや新宿での価格変動や、中古品のお買い得度をチェックしたぞ!(画像クリックで拡大)

 ソニーの「VAIO type P」の販売が始まって、半月ほどが経過した。斬新なスリムボディーと高解像度液晶ディスプレイで話題のモバイルノートPCだ。人気機種の販売状況や価格推移を探るため、アキバと新宿界隈の新品&中古ショップを調査してみた。

新品は量販店で5000円ダウン! 激安ショップはさらに値崩れが顕著

 ショップで販売されているのは、店頭モデル「VGN-P70H」1機種のみ。3色のボディーカラーによって「VGN-P70H/R」(ガーネットレッド)、「VGN-P70H/G」(ペリドットグリーン)、「VGN-P70H/W」(クリスタルホワイト)と型番が異なる。

 主要な量販店では在庫も安定し、品切れもなく入手しやすい状況になっている。実売価格は9万4800円~9万9800円で、販売開始当初よりも5000円値下げした店も見られた。ポイント還元制度を導入しているショップでは、10~13%前後の還元率を設定していた。

販売開始当初は9万9800円+ポイント10%だったが、最近5000円の値下げに踏み切る量販店が続出。さらにお買い得な価格になったのはうれしい(画像クリックで拡大)

 一方、価格変動が著しいのが、「価格.com」などの価格情報サイトで上位に名を連ねる激安ショップだ。価格比較サイトでは、発売直後から最安値が徐々に下降線を描いてゆき、現在はついに7万円台後半にまで落ちてきた。

 あまりに値動きが激しいことから、「値崩れが激しすぎる」(ニッシンパル・宮里文人氏)として入荷を見合わせるショップもあった。しかし、この急速な値下がりもあって、ユーザーの注目度は高い。「価格を安くすれば、すぐに売れていく」(アウトレットプラザ・榊原風次氏)とのことで、安いショップでは品薄が続いている。

 大手量販店と比べて入荷量の少ない激安ショップでは、特定のカラーが品切れになる可能性がある。現在では、カラーによる価格差はないようだが、こだわりたい人は量販店での購入も検討したい。ちなみに、店頭モデルの人気カラーは、圧倒的にガーネットレッドだという。