ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田 覚氏による連載。今回はベータ版が公開された次期OS「Windows 7」を取り上げる。早速インストールしてみた戸田氏。高速化を売り物にする新OSの使い勝手はどうだった?

 Windows 7のベータ版が公開され、早速インストールして利用してみた。今回は、その感想をまとめていくことにする。当然だが、あくまでもベータ版での評価であり、最終製品の善し悪しとはまた別であることをご了承いただきたい。

 ちなみに、「どうしてWindows 7の壁紙は金魚なんだ?」という声を相当に聞いたが、この魚は金魚じゃない。いわゆる熱帯魚で「ベタ」という種類だ。「ベータ版」だから「ベタ」だと、開発者の洒落っ気を感じるのは僕だけか?

 閑話休題。色々な記事を読むと「Windows 7は軽い」と書かれている。確かに、Windows Vistaと同じ環境にインストールしてみたのだが、間違いなく軽くなっている。僕が使った印象では、終了の時間も早くなったように感じた。「速い」と言って大したことのなかったWindows Vistaとは違い、Windows 7は、本当に速いぞ! ただまあ、どのOSも常駐ツールなどをインストールしていくと、どんどん重くなっていく。この軽快さを維持してほしいと切望する。

 興味深いのが終了ボタンだ。Windows Vistaでは、終了がスリープになっていた。普段はシャットダウンせずにスリープを使うことで、快適になるという触れ込みであった。ところが、Windows 7では従来同様終了がシャットダウンになっている。まあ、普通に考えるならパソコンは一定の間隔で再起動した方が快適に使えるわけで、これは、よい先祖返りと言えよう。

 注目したいのが、ライブラリが導入されたこと。これが、フォルダー一辺倒で使ってきたユーザーには、なかなか理解しがたい。要するに、ファイルがどのフォルダーに保存されているかは関係なく、ライブラリにとりまとめられる。例えば、「マイピクチャ」を開くと、共有ライブラリと個人用ライブラリそれぞれのピクチャに保存した写真をまとめて表示できるわけだ。

 実際に使ってみて困ったのは、画像とテキストファイルをまとめて保存・管理したい場合にどうするのがベストなのかよく分からないことだ。マイドキュメントに入っている写真は、マイピクチャでとりまとめて表示できないのだ。ファイルを種類で分けさせようとすると、それが使いづらいというユーザーも出てくる。

 この点は、もう少し使い込んで慣れてからベストな方法を探っていきたい。

Windows 7のデスクトップ。壁紙の魚は金魚じゃないぞ(画像クリックで拡大)

ライブラリが導入され、ファイル管理が一新しそうな予感。ただ、慣れないとかえって使いづらいかも(画像クリックで拡大)