寒いこの時期、お風呂に入って体を温めるのは極楽気分。しかしお風呂上がりの寒さがツライ……という方も多いのでは?今回は壁に取り付けられるTOTO「洗面所暖房機 TYR320R」を紹介します!

狭い洗面所も、壁にかければ邪魔にならない!(画像クリックで拡大)

寒い洗面所兼脱衣所で凍える毎日。暖房器具はどれにする?

 一戸建てに引っ越し、初めての冬を迎えた。暖かいマンション暮らしに慣れてしまったので、一戸建ては寒いんだろうな……と覚悟を決めていたのだが、最近の木造住宅は断熱材がしっかり入っているせいか、それほど寒く感じない。今のところエアコン暖房だけで部屋は十分暖かい。

 しかし、洗面所(脱衣所)は寒い。北側にあり玄関近くなので底冷えするのだ。お風呂には浴室暖房が付いているのだが、洗面所には暖房がない。熱めのお風呂に入らなければ、お風呂上がりはかなり寒い。

 何よりツライのは子供と一緒に入った後だ。一緒にお風呂から出た時は子供が風邪を引かないように、先に子供から着替えさせる。その間、私は冷え切った洗面所であごがガクガクするほど凍えてしまう。我が家は幼稚園児と赤ちゃんがいるので、別々にお風呂に入れるのだが、そのたびに恐怖の寒さを体験しなければならない。子供がいるので熱いお風呂にするわけにもいかず、本当に寒い。お風呂はリラックスタイムであるはずだが、拷問に近い状態だ……。

 そこで洗面所に暖房を付けることにした。はじめは置くタイプのヒーターを考えていたのだが、狭い洗面所にさらに暖房器具を置くと、小さな子供が2人いる我が家では危ない。ヒーターを囲って子供がさわっても大丈夫な保護用柵なども売っているが、そんなものまで付けてヒーターを置いたら着替える場所がなくなってしまう。

 色々探したのだが、「壁掛けの洗面所用暖房器具」というものは意外に少なく、選択肢が限られてしまう。やっとのことで見つけたのがTOTO「洗面所暖房機 TYR320R」だ。

 しかし価格にビックリ!TOTOのサイトでは定価で7万2450円。床置きヒーターは安いものなら5000円前後で買えるのに……。この価格差に愕然(がくぜん)としてしまった。ただ、調べていくとネットショップでは半額近くで買えることがわかり、清水の舞台から飛び降りるつもりでポチッと購入してしまった。

 本当に暖かくなるのかはわからない。家電は実際に買って使ってみないとよくわからないので一種のバクチ。こういうマイナーな家電を買うときはいつもドキドキだ。