シンプルで高級感のあるボディーに、標準域から広角までをカバーする大口径レンズを搭載している。35mm判換算で24~60mmに相当する、コンパクトデジカメにしては明るいレンズが特徴だ。撮像素子は、1/1.63型の有効1010万画素のCCD。明るいレンズと大きな撮像素子でボケを楽しめる。光学式手ブレ補正(O.I.S)を採用しており手ブレを気にすることなく撮影できるので、スナップ撮影にも最適だ。

 マルチアスペクトにも対応しており3:2、4:3、16:9の切り替えがワンタッチで可能だ。液晶モニターには、46万ドットの3.0型を搭載している。RAWでの撮影やHD(1280X720)での動画撮影に対応している点も見逃せない。多彩なフィルムモードやマニュアル撮影機能が用意されているので撮影を楽しめる。もちろん初心者に優しい多彩なシーンモードもあるので安心していただきたい。

 画質については、色彩が鮮やかでヌケの良い印象。コントラストも高くシャープだ。ノイズに関しては、ISO80~400くらいまでは十分常用できる。ISO800以上はノイズが目立ち始める。レンズの明るさを生かしてISO400以下で撮影するのがベストだろう。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、D-LUX4の実力をじっくり見定めてほしい。

ライカ
D-LUX4
実売価格:10万5000円前後
発売日:2008年10月25日
有効画素数 約1010万画素
光学ズーム 2.5倍
記録メディア SDカード(SDHC対応)、マルチメディアカード
液晶 3.0型TFT(約46万ドット)
最高ISO感度 6400
●CCDサイズ:1/1.63型●最大記録画素数:3648×2736●レンズ焦点距離(35mm判換算):24~60mm●開放絞り値:F2.0~F2.8●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅10.87×奥行き2.71×高さ5.95cm●重さ:228g(本体のみ)

●撮影モード:風景●絞り:F4.0●シャッター速度:1/500秒●ISO感度:80●焦点距離:5.1mm(35mm判換算:約24mm)(画像クリックで拡大)

●撮影モード:絞り優先●絞り:F2.8●シャッター速度:1/640秒●ISO感度:100●焦点距離:12.8mm(35mm判換算:約60mm)(画像クリックで拡大)