今回、登場していただくのは水樹奈々さん。アニメ『NARUTO -ナルト-』の日向ヒナタ役の声優さんで、最近では『ロザリオとバンパイア』の赤夜萌香や『劇場版 空の境界 第六章 忘却録音』の黄路美沙夜も担当するなど、アニメファンの間では知らない人がいないほどの人気者だ。アーティストとしても大活躍中で、武道館や横浜アリーナで多くファンを熱狂させている。そんな彼女のデビュー以来の苦労話(?)など、水樹さんの素顔に麻生氏に迫ってもらった。

 今、おそらく声優の中で容姿・実力ともにナンバーワンと目されているのが水樹奈々だろう。

 個人的に声優ワールドを詳しく知らなくて申し訳なかったが、なんと「18枚目」のシングルCD「Trickster」がオリコン・シングルチャート2位(10月13日付)である。これはチェックせねば、と調べたら、歌っていたのが知る人ぞ知る、美人声優&シンガー、水樹奈々だったというわけだ。

 シングル「Trickster」も、実数でとうとう10万枚を超えてしまった(彼女自身10万枚超えは3作目だ)。早速会いにいかねば…。

 愛媛県新居浜市出身、1980年1月21日生まれで今年28歳。

 ブレイクは2005年に出したシングル「ETERNAL BLAZE」(実はこのときもオリコン2位)。25歳のときだ。椎名へきる以来、声優として2人目となる日本武道館単独ライブを敢行したのも2005年。この4年間で彼女は大きく飛躍したことになる。

 取材前に今年7月に開催した代々木アリーナのライブの模様を見せてもらったが、ファンの興奮ぶり、熱狂ぶりは、同じ代々木アリーナの浜崎あゆみやV6の公演に優るとも劣らないヒートアップぶりだった。ファンは圧倒的に10~20代男性。だが、ここへきて女子中高生が急増して、男女比8:2まで上がってきた。

 実は、水樹奈々、小さいころは演歌で、いわゆる「のど自慢荒らし」だった。複数のチャンピオンを獲得し、作曲家の目に留まり内弟子として15歳のときに単身上京したという。

■関連情報