ソニーのα900は買い得感のあるカメラだ。αシリーズの最上位機種でフルサイズのCMOSセンサーを搭載しているのにもかかわらず、30万円ちょっとで買える。描写力が高いと評判のレンズは、やや高めの実売価格になっていて、ポートレートの必需品である70-200mmF2.8Gは約30万円。それでもニコンやキヤノンで、フラッグシップ機のボディーと同様のレンズを組み合わせた場合よりも、はるかに安い。いざというときのために2台のボディーを用意することを考えると、さらに買い得感が増してくる。果たして仕事の道具として、どこまで使えるだろうか。

標準ズームで撮影。視野率100%のファインダーは、見たまま写るのが気持ちいい(画像クリックで拡大)

小林さんの美しい髪を逆光で撮影。望遠ズームを使ったが、フレアによる画質低下がほとんどない(画像クリックで拡大)

 好天に恵まれたある秋の日、モデルになってもらったのはタレントの小林恵美さんだ。まずはバリオゾナーT*24-70mmF2.8 ZA SSMを装着してファインダーをのぞく。フォーカシングスクリーンに、ピントの山がつかみやすい「スフェリカルアキュートマット」を採用していることもあり、どこに焦点が合っているかが良く分かる。

●デジカメの時間の動画レポート
※画面をクリックすると「BPtv」の動画ページが開きます。