ソフトの出来も上々で認識率も高い

 ところが、何度試してもうまくいかないので説明書を熟読したところ、なんと、Windows Vistaでは、上位置に止める使い方しかサポートしてないというのだ。なんとも、残念と言うか何と言うか……。もはや、Windows Vistaのユーザー数はWindows XPを超えたとも言われるので、アップデータで対応してほしいところだ。また、Macにも対応すれば言うことなしだ。

 ユニット本体を取り付けると、用紙の上のほうが使えなくなるのだが、2~3cm程度なので妥協しよう。逆に言うなら、あまりにも小さなメモ用紙などでは使う意味がない。最低でもA5サイズ以上で利用したい。

 さて、肝心の文字認識だが、手順は簡単で読み取ったデータを右クリックして、コンテキストメニューの「テキスト変換」を実行すればよい。自動的にOCRソフト「MyScript Notes Lite」が起動して読み取りが始まる。認識率は想像以上で、丁寧に書いた文字なら、9割近くは認識してくれるだろう。これなら十分に実用的だ。

 ちょっと残念なのが、変換したテキストファイルを元の手書きメモと関連付けて記録できない点だ。つまり、大量に手書きメモがたまっても、内容を検索して探せないのだ。

 MyScript Notes Liteは、図形の認識ができないなどの機能制限があるが、手書きの図形を認識する機会はあまりないので十分だろう。できたとしても、これまでの経験ではちゃんとデジタル化できないケースがままあった。

 メモを取る仕事が多い方には、MVPenを強くおすすめしたい。手書きのメモをデータ化して半永久的に残せるのはもちろん、メールで送信してスタッフとシェアするなど便利に使える。この価格ならイチオシだ。

手書き文字もほとんどかすれることなく読み取れた。普通のボールペンと同じ感覚で書いていればいい(画像クリックで拡大)

文字認識も十分な能力。丁寧に書いた文字なら9割くらいは認識する(画像クリックで拡大)

著 者

戸田 覚(とだ さとる)

1963年生まれのビジネス書作家。著書は100冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。日経トレンディネットでは、ほかに「戸田覚の進化論」を連載中。ユーザー視点の辛口評価が好評を博している。ブログでも各種追加情報を記載しています。

●戸田氏が自腹で評価した製品を自らプレゼント!

 今回取り上げた製品は個人ブログ「戸田覚ブログ」でプレゼントいたします。詳細を含めブログをご覧ください。ただし、本記事アップ後の再検証などを考慮して、プレゼントまでにはしばらく間が空きますのでご了承ください。あくまでも著者の個人的なプレゼントなので、編集部では問い合わせを受け付けません。ブログでの情報アップをお待ちください。