おもしろいことになってきました。今年も注目の『ミシュランガイド東京』。その最新2009年版の発刊(11月21日)を前に、ユニークなライバルが登場したんです。

 そのライバルとは、『ルイ・ヴィトン シティ・ガイド東京2009』(2008年11月1日発売)。そう! あの高級ブランド、ルイ・ヴィトンのガイドブックです。

 ルイ・ヴィトンでは、これまで、ヨーロッパを中心に各都市のシティ・ガイド(英語版、フランス語版)をリリースしてきました。そして創刊10周年を迎える今年、新たに「東京」編(日本語版・英語版)が、ラインナップに加わることに。ところが、これが、ただのガイドブックだと思ったら、大まちがい。ウンチク&ナイショの話がいっぱいで、さらに、超一流!オトナの文章術マニュアルとしても使える画期的な一冊だったんです。

 海外ではクリスマスのギフトにも重宝されているというルイ・ヴィトンのシティ・ガイド。まずお値段は、BOX入りで、ゴージャス価格の1冊4200円。ミシュランガイド東京2009が、2415円だと聞いて驚いているようじゃ、まだまだ修行が足りません。ネットでも、まさか4200円もするとは思わないのでしょう、2400円と紹介しているブログをちらほら見かけますが、4200円が正解です。全国のルイ・ヴィトン ストアか、ルイ・ヴィトンのホームぺージ、あるいは紀伊國屋書店のウェブと全国63店舗で購入可能です。

紀伊國屋書店のウェブ