「ポールダンス」と聞いて読者諸兄がまず思い浮かべるのは、肌もあらわな女性がステージに立てられたポールに身を委ね、体をくねらせながら荒くれ野郎どもを喜ばせる超エロい姿……といったところだろうか。映画でも、ポールダンスのシーンは酒場のいかがわしさや男たちのガラの悪さを強調する演出の一つとして有効だった。

 ところが最近、昼間は会社で働くOLなど、“酒場のエロ”とは似つかわしくない“普通の女性”がポールダンスを習いに行くのだという。ポールダンスの世界で一体なにが起きているのか? そんな彼女たちは練習してどうするの? ……その真相を探りに、東京・千駄ヶ谷にあるポールダンススクールへ足を運んでみた。

ポールダンスの世界大会、初代チャンピオンは日本人ダンサー

 今回訪ねたのは、ポールダンススタジオ「LUXURICA(ラグジュリカ)」。2005年11月、オランダで開催された史上初のポールダンス世界大会に日本人として参戦して初優勝を飾ったチャンピオン・REIKO(31)さんと、妹のひとみさんが運営するスクールだ。2007年4月にオープンし、登録会員数は460人に上る。現在、月平均で150人の生徒がREIKOさんほか4人の講師のもと、レッスンに汗を流している(レッスン環境保持のため原則女性限定となっております)。

2005年、オランダで開催された史上初のポールダンス世界大会「MISS POLE DANCE」で優勝したときの記念撮影。トロフィーを手にするREIKOさん(画像提供:LUXURICA)(画像クリックで拡大)

 生徒はどんな方? というと、20代後半から30代前半の方が多く、40代女性もちらほら。都内在住者が8~9割、神戸から月1回、飛行機で通ってくる方もいる。独身は7割ぐらい。レッスン料は、1回につき平日75~90分で5300円、土日は75分で4200円(いずれも会員価格)。未婚・既婚問わず、働いている方が多いとのことで、職業は事務系のOL、ネイリスト、エステティシャン、デザイナーなどさまざま。「はっきりいってキレイな方が多い」(マネ-ジャー担当・ひとみさん)そうだ。

 ポールダンスにまつわる昨今の動きを追ってみると――アンジェリーナ・ジョリー、ケイト・モス、ブリトニー・スピアーズなど、ファッションリーダーとなる女優やモデル、いわゆる“海外セレブ”の女性たちがポールダンスでボディを磨いているとの話題が女性誌に取り上げられたのが2005年前後。そのあたりから、一部の一般女性に注目され始め、2007年に入って都内にスクールが相次いで開設されたようだ。

 しかし、「セレブ」だの「ファッション」っていうだけで女のコが食いつくものだろうか?

 現在、日本のポールダンス界で“スター”と呼べるのは全国でもほんのひと握り。そのなかで、「REIKOさんがトップダンサーであるのは揺るぎない事実」と、クラブなどでポールダンスイベント中心にプロデュースするイベントオーガナイザー・CYBERJAPANの鈴木さんは話す。「技術の高さはもとより、優雅でいながらアグレッシブなショーを作り上げる彼女独自の世界観に、ほかのダンサーからのリスペクトは大きい」。

「マイケル・ジャクソンが好きで、20歳からダンスを始めた」というREIKO(本名:末宗麗子)さん。ポールダンス歴11年。ダンススクールに通いながら、8年間ショークラブでダンスの仕事をして表現力と技を磨き、2005年、28歳でポールダンス世界大会のチャンプというタイトルを手にした(画像クリックで拡大)

 そもそもどんな演技をするんですか?