Air Sharing
ディレクトリー:App Store > 仕事効率化

 今回紹介する「Air Sharing」は、無線LAN経由でPCからさまざまなファイルを送信し、iPhoneに保存できるアプリだ。通常は6.99ドル(約800円)で販売されるアプリだが、発表後2週間まで(2008年9月8日に登場したので、9月21日か22日まで)特別に無料で提供されるとのこと。iPhoneユーザーには必須とも言えるほど便利なソフトなので、これをご覧になったら“必ず”AppStoreに接続してダウンロードしよう。今すぐにだ。

 世の中にある一般の「スマートフォン」といえば、パソコンとの間でファイルを自由自在に送受信できるのが当たり前。画像でもPDFファイルでも、オフィス書類でも自由にスマートフォン内に保存し、出先で手軽に閲覧できるのが魅力の一つとなっている。

 だがiPhoneの場合、アップルの閉鎖的な企業文化からか、こうしたユーザーによる自由な利用ができないようになっている。ユーザーに対しする「分かりやすいインターフェースの提供」や「ウイルスの脅威からの防御」といった狙いもあるのだろうが、こうしたプロプライエタリ(独占的)なやり方が“アンチ・アップル”を生み出す要因にもなっているのだろう。

 とはいえ、「JailBreak(iPhoneをハッキングし、PCとのデータのやりとりやアプリケーションのインストールを自由にできるようにすること)」をするほどやんちゃでもない──そんな多くのユーザーにぜひともオススメしたいのが、今回紹介するAir Sharingなのだ。

 まずはiPhoneの無線LAN機能をオンにし、家庭や職場などの無線LANネットワークに接続。それからAir Sharingを起動すると、フォルダーの一覧とともに画面下部に「http://~」というURLが表示される。このURLにアクセスすると、iPhone上のファイルの閲覧やiPhoneへのファイル送信ができるという寸法になっている。WebDAV(Webベースのファイルシステム)を利用するためPC側には特別なソフトは必要なく、WindowsでもMacOSでもLinuxでも、同じように利用することができる。

 対応するファイルフォーマットは、iWork、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)、Webページ、PDF、RTF(リッチテキスト)、プレーンテキスト(UTF-8なら日本語も対応)、動画(H.264、MPEG-4、3GPPなどiPhoneで再生できるフォーマット)、音声(MP3 VBR、AAC、Audible、Apple Lossless、AIFF、WAV、CAFなど)、画像(GIF、PNG、JPG、TIFFなど)。日本語ファイル名にも対応しており、テキストファイルもUTF-8エンコードでBOM(Byte Order Mark)付きファイルとして保存すれば問題なく読み込める。

Air Sharingの起動画面。共有するファイルやフォルダーの一覧が表示される。日本語も利用できる

右下の歯車ボタンをタップすると設定画面が開く。パスワードの設定や、誰でも見られるパブリックフォルダーの設定も可能だ

ファイルの一覧画面。ExcelファイルやPDF、HTMLなどさまざまなファイル形式に対応する。XLSXファイル(Excel 2007形式)は対応しているが、なぜかPPTXファイル(PowerPoint 2007形式)は開けなかった

Excelファイルを開いたところ。タブにも対応している