平山「お洒落なメーカーなのは行列にいる人のファッションを見ればわかりますね。モード系、ストリート系、ジャンルは幅広いですが、並ぶ人たちのファッション感度の高さを感じます。そういえば、ギャル系ファッションはいませんね。」

品田「そう!“お洒落でリーズナブル”なのが、H&Mの最大のポイントなんだよ!」

では、続きのレポートに行く前に、H&Mについてご説明します。
まず、H&Mと聞いてファッションチェーンの名前だとわかる人は、かなりのお洒落さん。あるいは、アメリカやヨーロッパに旅行や滞在経験がある人でしょう。偉そうにここで書いている私も所長に言われるまで知らず、「チョコレートか何かあるんです?(M&Mのことね)」と真剣に聞き返してしまいました(本当です)。
実際に、9月2日から4日にかけて20代および30代の有職者女性を対象に実施した「H&M」に関するインターネット調査では、ブランド認知者は28.0%程度でした。(アリババ調べ※東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県在住の20代および30代有職者女性各150名、計300名を対象に実施)。
ですから、「知らなかった」「初めて聞いた」という方も安心して読み進めてください!

売上高はGAP(アメリカ)、ZARAを持つインディテックス(スペイン)に次ぐ世界第3位

「H&M」とは「Hennes & Mauritz(ヘネス・アンド・モーリッツ)の略。
1947年にスウェーデン創業した衣料品専門店です。1974年に上場するまでは北欧3国だけでの事業展開でしたが、その後ドイツやイギリス、フランスなどヨーロッパ各国に店舗を広げました。

2000年3月にはアメリカに進出し、ニューヨークのマンハッタンの5番街に旗揚店をオープン。引き続きフィラデルフィア、ボストン、サンフランシスコなどに出店、04年にはカナダに、06年にはUAE、ドバイほか中東に、07年には香港、上海へと進出しました。08年には、エジプト、サウジアラビア、そして今回の日本・銀座店のオープンです。銀座店の後、日本では「コム デ ギャルソン」とのコラボ商品を世界先行発売する原宿店を開店(11月8日)します。さらに09年秋には「H&M」の全貌を示すと言われているフルラインの旗揚店オープンが渋谷で予定されています。

今やヨーロッパ全体、北アメリカ、中東、アジアに出店を続けるH&M。現在、日本も含めると世界30カ国約1600店を展開しています。

2008年の売上高は1兆3710億円(2008.9.3日経流通新聞より)。衣料品ではGAP(アメリカ)、ZARAを持つインディテックス(スペイン)に次ぐ世界第3位です。この数字は国内最大手、ファーストリテイリングの2倍強になります。

最先端の流行ファッションが安い!

“高いファッション性と品質を備えた衣料を最良の価格で提供する”というのがH&Mの経営方針です。最新のトレンドを取り入れたファッション性の高い商品が低価格で手に入る、いわゆるファストファッションの代表格と言われています。例えば、女性のブラウスが3290円、ワンピースが4990円、パンプスが5490円。男性用のワイシャツも4990円などかなりリーズナブルです。

さらに商品ラインアップが広いのも特徴。メンズ、レディース、ティーンエイジャー、子ども服、アクセサリー、靴、化粧品など約20のラインを持っています。ただし、出店場所によって店舗の形状や顧客対象を設定し、それに合わせて売り場の展示や商品ラインアップを構成しているため、場所が違えば「同じH&M?」と思えるほどその売り場の雰囲気に違いがあります。

ファッションは生野菜?! 毎日入荷する商品は2週間で売り切る!

価格に加えて特徴的なのは、商品サイクルの速さ。新商品は毎日入荷し、2週間でほぼ全量入れ替わります。つまり、2週間で商品は店頭から消えていくのです。

H&Mの年間の製造する商品は約50万点。1日あたり約1300点の新商品が生み出されていることになります(すごい!)。デザインは、ストックホルムの本社に集中した100人のデザイナーたちが生み出します。その後の製造は、700社ある協力工場で行われます。デザインを始めてから最短では3週間で店頭に並ぶこともあるというから驚きです。

ちなみに、H&Mは自社工場を持たず、製造はすべて外部委託しています。世界700社の協力工場のうち3分の2がアジアで、その半数が中国で製造されています。

カール・ラガーフェルド、ステラ・マッカートニーなど、トップデザイナーとのコラボが話題に!

H&Mの最先端ファッションの象徴は、トップデザイナーとのコラボレーションです。
2004年11月に「シャネル」や「フェンディ」などのデザイナーとして有名なカール・ラガーフェルドとコラボレートし「Karl Lagerfeld for H&M」を展開。ヨーロッパとアメリカの各店で行列ができるほどの話題を集め、数時間で売り切れる店が続出しました。2005年夏には、エリオ・フィオルッチが限定サマーコレクションをデザイン。同年秋には、ステラ・マッカートニーとコラボレートし、約40点の特別コレクションを発売しました。その後もヴィクター&ロルフ、ロベルト・カバリなど有名ブランドを率いるデザイナーとのコラボを実現。世界的な大物歌手・マドンナも「H&M」でデザイナーデビューを飾りました。

では、銀座店レポートに戻ります。