(編集部より)本コラムは2008年8月20日掲載したものですが、読者の皆様に豪雨に対する注意を促すため、本日、再度掲載させていただきました。あらかじめご了承ください。

 真っ黒な雲が突如とわき出し、突然、バケツをひっくり返したような雨が降る。南国特有のスコールならまだ許せるが、日本のそれは「ゲリラ豪雨」などと呼ばれる招かざる客だ。降雨量は1時間に数十mm、ときには100mmを超えるような豪雨も最近は珍しくなくなった。

 ゲリラ豪雨の恐ろしいところは、いつどこで、どのくらいの雨が降るのか予想しづらいことにある。「今日は一部で雷雨が起きます」とお天気お姉さんに言われても、具体的にどこでどのくらいの雨が降るかは分からない。正直、ものの数十分で局所的に天気が一変するゲリラ豪雨に、既存の天気予報は歯が立たないのだ。

 現状のゲリラ豪雨対策と言えば、早めに非難することしかない。そこで今回は、近年増加傾向にある“ゲリラ豪雨から身を守る”ことをテーマに、雷や降雨情報をいち早くキャッチする方法について考えていきたい。

“雷雨”回避能力を身に付ける

 当たり前だが、雷雨から身を守るには雷雨と遭遇しないようにすればいい。つまり雨が降り出す前に自宅や会社に戻るか、建物の中に避難すればいいわけだ。言葉で言うのは簡単だが、実際にはどうすればいいのか。筆者が普段から実践している雷雨の回避テクニックを紹介しよう。

 最初の一歩は空を見ることから始まる。空に黒い色の雲が出てきた、または雷の音が聞こえてきた……というとき、あるサイトをチェックすることにしている。そのサイトとは、現在の降雨情報がチェックできるアメダスサイト。筆者のお気に入りは、東京下水道局が運営する「東京アメッシュ」だ。

 このサイトは東京都を中心に埼玉、神奈川、千葉、茨城、山梨などの降雨情報を10分おきに提供している。自宅や会社にいるときはパソコンから、外出中はケータイ版の東京アメッシュを利用して、雨が降っている地域を確認している。

東京アメッシュのホームページ。10分おきに情報を更新している(画像クリックで拡大)