ネスレ日本のエスプレッソマシン「ネスプレッソ」は、専用のカプセルを使うことで手軽にエスプレッソを楽しめる。さらにオートカプチーノ・カフェラテ機能が追加され、カプチーノやカフェラテも簡単にできる新機種が出たらしい。今回は私が持っている「ネスプレッソC190」と比較しつつ、新モデルの「D290」(実売価格4万8200円)を実際に使ってみます!

エスプレッソだけでなくミルクの泡立てもさらに簡単になった?(画像クリックで拡大)

おっ、いつの間にかこんなに新しい機能が!

 ネスプレッソは、専用のカプセルをいれてスイッチを押すだけで、誰でも手軽にエスプレッソを楽しむことができる。通常のエスプレッソマシンは、粉の詰め方で上手にクレマが出なかったり、おいしくいれることができなかったりすることもあるのだが、いつでも失敗なくいれられるネスプレッソは、コーヒー初心者にとってとてもありがたい存在だ。以前、C190を買ったときにその簡単さに驚いたものだが、D290ではさらにオートカプチーノ・カフェラテ機能が追加され、フワフワのカプチーノまでワンタッチでいれられるようになったとか。

 C190は家電ブログで以前をレビューしているのでそちら参照していただきたい。D290はC190にオートカプチーノ・カフェラテ機能、マイコン制御オートストップ・システム、オートクールダウンシステムなどが追加されている。

 では、早速基本のエスプレッソをいれてみよう。