大人になってもどうしても食べられない野菜がある人、手を挙げて! トマトに人参、ゴボウに葱…そんな野菜がスイーツとして並んでいるお店が、東京の中目黒にある。

東京メトロまたは東急東横線の中目黒駅が最寄り駅。目黒銀座商店街の一角に店舗を構えている(画像クリックで拡大)

 有機野菜を使ったスイーツ専門店として人気を集めるポタジエは、元々はシェフが2004年に栃木県でオープンしていた野菜のカフェを発祥としている。当時からスイーツは出していたが、「野菜の美味しさ、有効性をもっと伝えたい」と、スイーツ専門店としてシェフの地元である中目黒にオープンしたのが、2006年4月14日のこと。店名の「ポタジエ」とは、フランス語で家庭菜園を意味し、その名のようにお母さんが家庭で作って子供に出すような雰囲気を持つケーキ屋さんを目指しているという。

 栃木時代から有機野菜にこだわり続け、現在も必ず農家を下見してから契約。厳選した野菜で作られたスイーツがショーケースに並ぶ。野菜で作られたスイーツというとフルーツに比べて華やかさが欠けるのではと思ってしまうが、ポタジエのスイーツは見た目の可愛らしさにもこだわっているため、目でも楽しめる。野菜嫌いの人でも食わず嫌いとなることはない。まずは一口食べてみることをお勧めしたい。

ショーケースには野菜を使ったケーキが毎日23から24種類並ぶ(画像クリックで拡大)