今後の携帯電話キャリア各社の動向を占う上で、重要となってくるのが次世代高速通信に対する戦略だ。次世代PHSやWiMAXのサービスインも近づき、さらにLTE、UMBといった3.9G、4Gに向けた取り組みにも注目が集まっているが、2007年7月22~24日に行われたワイヤレスジャパン内の講演では、各キャリアの高速通信に対する考え方や立ち位置の違いが鮮明に現れていたのが印象的であった。

W-CDMA陣営の3.9G戦略は「仲間割れ」?

 昨年末に2.5GHz帯の周波数獲得合戦が完結したことで、現在最も注目を集めているのが、HSDPAやCDMA2000 1xEV-DO Rev.Aといった現行の3.5Gと呼ばれる通信方式の「次」となる、3.9Gに向けた動向だ。 この3.9Gに関しては、W-CDMA陣営が擁立する「LTE」(Long Term Evolution)とCDMA2000陣営が擁立する「UMB」(Ultra Mobile Broadband)、そしてHSDPAの拡張方式であるHSPA+が有力視されている。

 その有力候補の1つである「LTE」を推進し、積極的に取り組んでいるのがNTTドコモだ。同社の執行役員である尾上誠蔵氏は、2010年のサービス開始に向け、3Gの標準化団体である3GPPでの標準化作業や、NTTドコモにおけるフィールドテストなどが順調に進んでいることをアピール。一方で、同じW-CDMA陣営の中でHSPA+が台頭してきていることについて、「1つの標準の中で分割が起きることは、市場や産業に大きく影響し、オペレーター(キャリア)にもよくない」と批判した。

 一方、NTTドコモと同じW-CDMA陣営であるソフトバンクモバイルやイー・モバイルは「決定ではない」としながらも、HSPA+を採用する方針を見せた。LTEは新たな設備投資と周波数帯の取得が必要であるため、将来的にはLTEへ移行するものの、 「2010年時点ではコストアップ要因につながってしまう」(ソフトバンクモバイル・松本氏)というのが大きな理由であるという。それゆえ、既存のW-CDMAの設備を生かす形で速度向上が望め、コスト削減につながるHSPA+を本命視しているようだ。

NTTドコモのLTE実証実験は屋内だけでなく屋外での実験も進んでいる。6つのハイビジョン映像受信時でも約80Mbpsのスループットを実現しているほかハンドオーバー時も通信速度に大きな影響は起こらないという(画像クリックで拡大)

NTTドコモはLTE以外の方式が乱立することを懸念する一方、イー・モバイルやソフトバンクモバイルは、既存の設備が生かせ、コストが抑えられるHSPA+(eHSPA)への移行を望んでいた(画像クリックで拡大)