「α300」は、有効1020万画素のAPS-CサイズのCCDを搭載するデジタル一眼レフカメラだ。α350同様のクイックAFライブビュー、チルト可動式の2.7型クリアフォト液晶モニターを搭載する。また、ボディー内手ブレ補正を搭載しているのでシャッタースピード換算で約2.5段から3.5段分の手ブレ補正が可能だ。実際に撮影してみて、1/15秒でもほとんど手ブレしなかった。ファインダー内または、液晶モニター上に手ブレインジケーターが表示されるので、どの程度手ブレしているかが撮影前に分かる。また、アンチダスト機能によって、撮像素子にゴミが付着しにくくなっているため、レンズ交換も安心だ。

 今回試用したレンズは、ズームレンズキットに付属している「DT 18-70mm F3.5-5.6」。35mm判換算で約27~105mm相当までカバーすることができる。最短撮影距離は38cm。広角側では少し歪曲しているが、このクラスのレンズにしては十分だろう。街灯などの点光源を撮影してもフレアやゴーストなどは現れなかった。画質はシャープで解像感に不満はない。ISO400くらいまではノイズも少なく、とてもシャープな印象。細かいことを言えば、ISO400あたりから暗部にカラーノイズが現れているが、気になるほどのものではないだろう。ISO800でもあまりノイズは気にならないが、低感度の物と比べると解像感が若干失われているのが分かる。

 今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータなので、α300の実力をじっくり見定めてほしい。

ソニー
α300(DSLR-A300)
実売価格:6万9800円(ボディー単体)
7万9800円(レンズキット)
発売日:2008年7月17日
有効画素数 約1020万画素
記録メディア CFカード(TYPE I、II)、マイクロドライブ、メモリースティック デュオ/メモリースティック PRO デュオ/メモリースティック PRO-HG デュオ
撮影可能枚数 730枚
液晶 2.7型(約23万ドット)
最高ISO感度 3200
●撮像素子:23.6x15.8mm(APS-Cサイズ)CCD●最大記録画素数:3872×2592●連続撮影速度:3.0コマ/秒●シャッター速度:バルブ、30~1/4000秒●ファインダー視野率/倍率:95%/0.74倍●バッテリー:リチャージャブルバッテリーパックNP-FM500H●サイズ:幅13.08×奥行き7.47×高さ9.85cm●重さ:約582g(本体のみ)

●撮影モード:絞り優先●絞り:F3.5●シャッター速度:1/15秒●ISO感度:400●焦点距離:18mm●35mm焦点距離:27mm(画像クリックで拡大)

●撮影モード:絞り優先●絞り:F4.0●シャッター速度:1/30秒●ISO感度:800●焦点距離:22mm●35mm焦点距離:33mm(画像クリックで拡大)