ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田 覚氏による連載。今回は、最近、急増しているAtom搭載の「ネットブック」について。ほとんどがインターネットに用途を割り切った安価な製品だが、「パソコンの進化と逆行しているモデルも多い」と戸田氏は久々に警鐘を鳴らすのであった!

 僕は、価格チェックや新製品の動向をチェックするために、大手パソコンショップに出かける機会がよくある。最近目立つのが、ノートパソコンコーナーの一角を占める激安製品のエリアだ。以前、この連載でも取り上げた「EeePC」を皮切りに、ネットブックと呼ばれるノートが続々登場している。インターネットを用途の中心に割り切った安価なモデルだ。

 店頭での価格は衝撃的だ。ちょっぴり安っぽいけど、見た目にはまともなノートパソコンが5万円前後で買えるのだ。ぱっと見では、モバイル用にも映るわけで、なかなか魅力的だ。しかも、通信回線とのセットなら、1万9800円という超激安価格が提示されている。僕がチェックしている間にも、思わず足を止めて見入る人が何人もいるのだ。さらに、デルが開発をアナウンスするなど、一定のジャンルになろうとしている。

 このジャンルのために、鳴り物入りで登場したのがインテルの新CPU「Atom」だ。色々なレビューや記事執筆のために、Atom搭載のモデルを試用する機会があった。そこで今回は、Atomは本当に使えるのか、ネットブックの存在意義を含めて、独断と偏見で検証していくことにしよう。

以前、この連載でも取り上げたASUSの「Eee PC 4G-X」。現在の実売価格はなんと4万4800円だ(画像クリックで拡大)