歌謡曲のダンス性を進化させたSPEED

 筆者は、2001年頃に、客を激しくあおり、踊らせるようにJ-POPをかけるクラブDJに初めて遭遇。大変驚いた。その時に、彼が中心にプレイしていたのがSPEEDだった。SPEEDの『Go! Go! Heaven』などの曲は、大変リズムの切れ味が良く、洋楽に比べても遜色のない、ダンスナンバーが多い。アクターズスクール出身のダンス指向のユニット、SPEEDの真価を、フロアを日本語の轟音でゆさぶるこのDJによって、痛感させられた。SPEEDは、歌謡曲のダンス性をより進化させたユニットだったのだ。

 そんなSPEEDに憧れて生まれた、ぱふゅ~むの運命は、ダンス的とはいえ正攻法の歌謡ポップをめざしていたSPEEDとは、少し異なるものとなった。

 2003年に上京、「ぱふゅ~む」から「Perfume」へ改め、サウンドプロデューサーにcapsuleの中田ヤスタカを迎えることになる。そこで、テクノポップ路線に針をふることになるのだ。この年、最初のシングル『スウィートドーナッツ』をBEE-HIVE(アミューズ内のレーベル)レコードよりリリースする。とはいえ、すぐに現在の路線が作られるわけではない。

 『Perfume~Complete Best~』という彼女たちのベスト盤付属DVDには2004年のインディーズ時代最後の曲『ビタミンドロップ』という初期曲映像がボーナストラックとして入っている。わざわざ、ボーナスと称し、別物としてクリックしなければ見られない、その訳は見れば納得する。まるでキャンディーズのように初々しい、現在とまったく違う3人がいる。これを見れば、どんなにPerfumeが距離のある旅をしたかがわかるだろう。

決定的に大きなカーブを描くことになるのは、2005年の9月発売の『リニアモーターガール』。この曲ではヴォコーダー的なボーカルを大胆にフューチャー、リズムも硬質なデジタル、エレクトロ系的な音色になり、クラブサウンドを大胆に取り入れた。極めて2000年代的なハウスとテクノポップの融合である。

 そして衣装と映像も重要だった。インディーズ時代のカラフルな衣装から、黒を基調とした衣装へと、2000年代テクノ的なコンセプトを強調したスタイリッシュなPVになったのだ。

『GAME』
徳間ジャパンコミュニケーションズ/通常盤2800円(税込)

『Perfume~Complete Best~』
徳間ジャパンコミュニケーションズ/通常盤3000円(税込)