大作ゲームは世の中を動かす!3月27日の発売以来、PSP史上最速で200万本のセールスを達成したまさに"モンスター級"のゲーム『モンスターハンタポータブル 2nd G』。通勤途中の電車の中で、はたまた大手家電量販店の一角で、PSPを手に、日夜、狩猟にいそしむ人々がさらに増殖中!もうブームは去った? いえいえ、まだまだこれから!ちょっと乗り遅れてしまったかも……と思っている、そこのアナタ! 血わき、肉躍る、狩猟生活へご案内しましょう!!

PSP『モンスターハンターポータブル 2nd G』
<商品データ>
機種:プレイステーション・ポータブル
メーカー:カプコン
カテゴリー:ハンティングアクション
発売日:発売中
価格:通常版 4800円

(C) CAPCOM CO.,LTD 2007,2008 ALL RIGHTS RESERVED.

狩猟生活とは
どんなことができるのか?

 『モンスターハンターポータブル2ndG』とは、ずばり、巨大なモンスターを相手にしてのハンティングアクション。ちょっぴりプリミティブな武器&防具で身を固めたハンターとして、自分の身長の数倍から数十倍もある巨大な生物を狩ることになる。モンスターを狩り、素材を獲得。武具を強化して、より強大なモンスターを狩る。また、PSPの通信機能により、最大4人までの協力プレーが楽しめるのもこのゲームの魅力の1つ。1人では狩れなかったモンスターを、仲間と力を合わて狩猟すれば、この上ない達成感が味わえる。さらに!『2ndG』では、シリーズのマスコット的存在アイルーが、"オトモ"としてクエストをサポート。キュートな相棒と、釣りや採取などをのんびり楽しむも良し。珍しい武具を生産すべく、モンスターを狩りまくるも良し。はたまた最強のハンターを目指し、狩猟テクニックを極めるも良し。間違いなく末永く遊べる1本だ。

驚くっ!

とにかくデカイ! クエストで狩りの対象となるモンスターは、平均的な飛竜で15~20メートル超、大きいものになると数10メートルを超えるという代物。画面の中で実際に対峙すれば、あまりの迫力に驚くこと請け合いだ。

おそらく一番大きいであろうラオシャンロンという古龍。全長は……どれぐらいあるんでしょうか? こーいう大物が、人間の拠点に攻めてくる! 狩猟魂が燃え盛る!(画像クリックで拡大)

狩るっ!

クエストの依頼を受けることで、狩りに出発する。これがこのゲームのメインディッシュ。武器を駆使して、目的となるモンスターを狩猟する。

雪山のモンスターを狩るには、当然、防寒対策が必要。フィールドやエリアごとの環境にしっかり対応するのがハンターの習い(画像クリックで拡大)

採るっ!

狩猟したモンスターからは多様な「素材」と呼ばれるアイテムが剥ぎ取れる。討伐したら剥ぎ取ろう。

エリアのあちこちには自然の恵みが満ちている。薬草を採取したり、鉱石を採掘したり、魚釣りも楽しめる(画像クリックで拡大)

創るっ!

クエストの報酬や討伐したモンスターから得た「素材」と呼ばれるアイテムを使うことで、新しい武器と防具を生産したり、それらを強化することができる。武具を生産するために狩りに行く、という目的も生まれてくるのだ。

武器や防具の性能は、素材の元、つまり狩猟したモンスターの特性が色濃く反映されることが多い。どんな武具ができるのか、それを調べるのも楽しみの1つ(画像クリックで拡大)