2008年3月3日に販売を開始した、シグマ「DP1」の実写画像を掲載した。DP1は、デジタル一眼レフクラスの大型撮像素子「FOVEON X3」(20.7×13.8mm)を搭載しながら、コンパクトデジカメと同等のボディーサイズを実現したモデル。一般的な撮像素子で取り込める色情報は、各ピクセルにつきRGBのどれか1色のみ。足りない色情報は演算により求めている。しかし、FOVEON X3ではセンサーを3層重ねる仕組みを採用。同一位置でRGBすべての色情報が得られるため、解像感や色再現で優れていると言われている。

 レンズは、35mm判換算で28mm相当の単焦点レンズを搭載。実際に撮影したところ、うわさ通りの優れた描写力だった。解像力は、デジタル一眼レフカメラに引けをとらない。ただし、色味は、被写体によって得意、不得意があるようだ。ノイズに関しては、JPEGとRAWでノイズの出方に大きな差が出た。RAW画像はノイズは少なく、特にISO100や200の低感度では、画像がなめらかで不満はない。しかし、JPEGで夜景を撮ると、ISO100の低感度でも、長秒露光のせいかカラーノイズが多く発生した。日中の使用ではノイズは気にならなかったので、JPEGは日中のみで使いたいところ。真のDP1の実力を体感したい場合は、RAWで撮影して自分で作り込むのがベストだと感じた。今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータとなるので、DP1の実力をじっくり見定めてほしい。

シグマ
DP1
実売価格:9万9800円
発売日:2008年3月3日
有効画素数 1406万画素(2652×1768×3層)
光学ズーム なし
記録メディア SD(SDHC対応)
撮影可能枚数 250枚
液晶 2.5型(23万ドット)
最高ISO感度 800(1406万画素記録)
●撮像素子サイズ:20.7×13.8mm●最大記録画素数:2640×1760●レンズ焦点距離(35mm換算):28mm●開放絞り値:F4●最短撮影距離:30cm●動画:320×240、30fps●メモリー:なし●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11.33×奥行き5.03×高さ5.95cm●重さ:250g

JPEG形式で記録した作例

●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/15秒●絞り:F5,6●ISO感度:200●露出補正:+1.0●焦点距離:28mm相当(画像クリックで拡大)

●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/500秒●絞り:F4.0●ISO感度:100●焦点距離:28mm相当(画像クリックで拡大)