夜、キムタクのところへ行くと、事務所は相変わらずヒマな人たちでにぎわっていた。そのなかに片言の英語ができる、小太りの男の子がいた。名前はザシくん。英語は学校で習ったという。誰が従業員かよくわからないが、たぶん彼もスタッフの一人と思われる。

 キムタクの代わりの人が来るまで待ってい間、みんなが「何が食べたい?」と聞くので、「牛」と大きく書いて、ヤクの絵を描いたら、大笑いされてしまった。「ヤク一頭食べるのか?」と。そうか、「牛肉」と書くべきだったんだ。

 ようやくキムタクも仕事から解放され、ザシくんの運転でいざ出動!外は雨が降っていて寒い。麗江でタイツを買ってきてよかった。着いたのは、ヤクのしっぽや顔の骨が店先に下がっているチベット料理屋だ。このあたりではよく見かけるヤク専門店である。

 「白酒が好き」と言うキムタクのリクエストで、青稞酒を飲むことにする。「藏多醇」という32度の酒だ。それをボトル1本たのみ、みんなでガンガン飲む。つまみはヤクの煮込み、ヤク肉の細切り炒めなど、ヤクづくしだ。

ヤク料理に舌鼓を打つ。右がチベットのキムタク(画像クリックで拡大)

 ヤクは臭くて固いと思っていたら、ものすごく柔らかくて臭みがない。ウマい!上等の牛肉だ。酒もクセがなく、やや甘みがあってスイスイ飲める。ウマい、ウマい。キムタクが、「日本の酒飲み歌が聞きたい」というので、「北国の春」を歌うと、ほかのテーブルのおじさん達も、一緒になって歌い、店中が大合唱になった。大盛り上がりで飲みに飲んで、ボトル一本なくなるのはあっという間だった。

ヤク料理(画像クリックで拡大)

 するとキムタクは、「チベット人の民家に行くか?」と言ってきた。チベット人の歌や踊りが見られる家で、本当は旅行者は一人30元(約480円)の入場料をとられるのだが、今日はなぜかお金はいらない、と言う。ちなみにヤク料理もキムタクのおごりだった。