KDDIは統合プラットフォーム「KCP+」とクアルコムのハイエンドチップセット「MSM7500」を採用し、その対応サービスが動作するau携帯電話「W54SA」「W56T」「W54S」を報道関係者向けに公開した。これら3機種の発売は、10月の冬モデル発表時に「12月以降」と発表されたが、1月下旬になるとのことだ。

 そこで今回、「KCP+」で実現した携帯電話の新機能と、多くのユーザーが気になる操作感について、実機に触れた印象を交えながら解説する。新しいLISMOと、ソニーの音楽機器との連携については、「ソニーとの緊密連携でauの「LISMO」がSonicStage&ATRACに対応」を参照してほしい。

 それではまず、新プラットフォームの操作感について見ていこう。

2画面操作にタスク機能も強化「マルチプレイウィンドウ」

 最近では、画面の半分でワンセグを見ながら、残り半分の画面でメールやWebを操作できる端末が増えている。KCP+対応端末では「マルチプレイウィンドウ」機能として、この機能を実現している。

 ワンセグ表示中しか2画面で操作できないという制限はなく、メールやEZwebのほか、EZナビウォークといったEZアプリなど、多くの機能を様々な組み合わせで2画面表示できる。なお、全画面表示を前提としたゲームアプリのような機能は2画面表示には対応せず、マルチタスク機能で画面を切り替えての操作となる。

 マルチタスクについては、メールやEZweb、EZアプリのほかPCサイトビューアーや内蔵の電卓などを含む、ほぼすべての機能が対応する。また、従来から可能だったEZアプリの複数起動に加え、EZwebも複数起動できるようになった。同時に起動できる機能の数は制限されておらず、携帯電話の動作メモリーに収まる限り、複数の機能を起動することが可能だ。携帯電話としてはマルチプレイウィンドウ機能、マルチタスク機能のどちらも、トップクラスの自由度といえる。携帯電話の操作に慣れているヘビーユーザーにとっては、大変便利な機能だ。

右側面の「マルチ」キーを押すとマルチタスク機能のメニュー画面が表示される。メニュー上部のアイコンは起動中の機能と待受画面に戻るためのアイコン。写真ではワンセグとEZweb、au Music Player、EZナビウォーク(EZアプリ)、アーマード・コア モバイル4(EZアプリ)、画面外だが二つ目のEZwebを同時に起動させている

マルチタスク機能のメニュー画面ではマルチウィンドウに対応した機能にカーソルを合わせると、右ソフトキーに「2画面」と表示され、2画面操作での起動を行える。写真はワンセグの視聴中にEZナビウォークを起動した状態