年末に向けてBD、HD DVDともに盛り上がり始めた次世代DVD作品。時間をかけて作り込まれたその映像は、地上デジタル放送よりも高精細で美しい、極めてハイレベルのものだ。前回はBD-ROMオーサリングを行うスタジオとしてソニーPCLに取材を行い、その最先端のオーサリング事情を聞くことができた。それではライバルのHD DVD陣営のオーサリング環境は、どの程度まで進んでいるのだろうか。

 今回はHD DVD陣営のメモリーテックと関連会社のキュー・テックへの取材を実施した。キュー・テックはアニメを中心とした「ポストプロダクション」(映像作品や映画制作の撮影後の作業を指す)を手がける企業だ。現在放送されているアニメでは週20本程度を手がけており、『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版』といった映画の制作も担当している。オーサリング事業は年間約1600タイトルものDVDや、次世代DVDの制作も手がける。

 ソニーPCLは2007年4月から映像エンコードにMPEG-4 AVC/H.264を手がけるようになったが、キュー・テックでは2006年4月のタイトル発売当初からH.264を採用しているという。一足先に手がけたことによるノウハウの蓄積は画作りにどう反映されているのか。今回はHD DVDを中心としたオーサリング環境の進展と映像エンコードの技術について取材した。

HD DVD国内タイトルの約7割を担当するキュー・テック

折原: まず、キュー・テックの国内での位置付けを教えて下さい。

メモリーテック 執行役員 開発センター長 大塚正人氏(画像クリックで拡大)

大塚氏: キュー・テックは、国内でオーサリングするHD DVDタイトルの7割程度を担当しています。現在国内では東芝系のプロダクション会社がDVDやHD DVDのオーサリングを行っていますが、国内ではその中でキュー・テックが最も大きな拠点になっています。実際の作品では、東芝が2006年4月に発売したHD DVDプレーヤー「HD-XA1」にバンドルした「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」と、その後に発売した「夜桜」などから制作がスタートしています。

折原: こちらで担当された作品数はどのように推移しているのでしょうか。

キュー・テック 執行役員 技術・システム統括 兼 経営企画室 室長 青貫幹夫氏(画像クリックで拡大)

青貫氏: HD DVDの制作は月2、3タイトル程度のペースで進めており、現在では累計で20~30タイトルですね。

大塚氏: 元々はメモリーテックのオーサリングチームとキュー・テックのオーサリングチームが別々に存在していた状態から合流しているので、制作した作品数は相当な数になります。チェックの依頼やデモディスクの制作など、市販タイトル以外のものも含めると、手がけた作品は現在では120タイトル近くにまでなっています。

折原: 海外向けの作品も制作されているのでしょうか。

大塚氏: バンダイビジュアルの北米向けタイトル『FREEDOM』なども担当しています。完全に北米だけの作品という意味では、米Image Entertainment社の音楽作品、ライブ作品なども5、6作品は手がけています。