しかし、このフリクションは、それらとは全く別の方法で文字を「消す」。

(画像クリックで拡大)

 「フリクション」とは、「摩擦」の意味で、ペンのおしりにあるラバーでゴシゴシこすると、その摩擦熱でインクが温められる。このインクは常温では有色だが、約60~65℃以上の温度になると透明化するため、筆記した線は見えなくなる。ラバーは消しゴムではないため、いくらこすっても減らないし消しクズも出ない。インクは熱に反応するので、専用のラバーでなくとも、普通の消しゴムでこすったり、ドライヤーやライターなどで熱を加えたりしても色は消える。

 実はこのインクの中には、色のもとになるマイクロカプセルという小さなツブツブが含まれていて、その小さなツブツブ一つひとつの中に三つの成分(仮にABCとする)が封じ込められている。

 Aは単体では透明だが、Bと結合している状態では有色に見える染料で、常温ではBとくっついている。しかし、温度が高くなると、もうひとつの成分CがBを奪い取って結合してしまうため、Aが透明になる。Aを発色させる成分であるBが温度によってAとくっついたり離れたりすることで色が出たり消えたりし、それをコントロールするのがCである。まあ、原理は理解できなくてもいいが、とにかく、温度によって色が透明になるものすご~く小さいツブツブがインクの正体なのだ。

 ちなみにマイナス10~20℃で再度発色するので、冷凍庫に入れたりコールドスプレーを吹いたりすると、消したはずの文字が浮かび上がってくる。新手のスパイごっこができそうだ。面白いが、これをやると他のページの消したものも全部“復活”するから気をつけよう。あくまで復活はオマケだ。また、消す際にも、紙の裏面や別のページには注意が必要。一生懸命こすって消すと、紙の裏面の文字も一緒に消えていたりする。