ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田 覚氏による連載。今回は「Mac OS X Leopard」。Leopardの登場で、戸田氏は、パーソナルユースならMacしかない! と叫ぶのであった。

 ついに、Mac OS X Leopardが発売された。各種のレビューは、すでにずいぶんと書かれているので、僕はしばらく使った上でのファーストインプレッションをお届けする。個人的には、いまさらベンチマーク的な性能比較に意味を見い出せないし、重箱の隅をつつくような、細かな使い勝手の善し悪しをチェックする気もない。

 大事なのは、体感上の快適さや実用上の使い勝手だ。それが人によって違うことは百も承知だが、常に多くのパソコンを評価してきた戸田なりのベンチマークとして読んでいただきたい。Macを使うメリットについて、Windowsメインのユーザーとしての視点で書かせていただく。

 Windows Vistaを導入して起動・終了が遅くてイライラを感じているユーザーも多いだろう。Leopardの起動も、決して速いとは言えない。今回はCPUに2GHzのCore Duoを採用したMacBookでテストしているのだが、各種アプリケーションの起動も「ちょっと遅い」といった印象だ。本気で使いこなそうと思ったら、やはり、最新モデルを入手するのが幸せだろう。このあたりは、Windows Vistaと同じだ。

 よく「Macはデザインが美しい」と言われる。僕もそれを否定するつもりはないが、普段、Windowsを見慣れているからこそ、Macがより美しく見えるという側面もありそうだ。隣の芝生である。ただし、こちらも定評のあるフォントの美しさは、確かに実感できる。とはいえ、フォントに関しては、Leopardに限った話ではないので、この辺にしておく。

Leopardの特徴的な画面。「Stack」で直近で利用したファイルを素早く再利用できる(画像クリックで拡大)